ダニー・ガルシア 右一発でブランドン・リオスを撃沈 WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦

ダニー・ガルシア(アメリカ)VSブランドン・リオス(アメリカ)

WBC世界ウェルター級挑戦者決定戦(2018年2月17日)

f:id:stonemeintothegroove:20180322120017j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180322120023j:plain

(出典:WOWOW)

ガルシアは34戦33勝19KO1敗、29歳。WBC2位。

キース・サーマンとの王座統一戦に惜敗し、この試合が11か月ぶりの再起戦となります。この決定戦に勝てば、サーマンへのリベンジマッチが実現します。

 

リオスは38戦34勝24KO3敗1分け、31歳。WBC9位。

リオスはいつの間にか復帰していたんですね。

2015年にティモシー・ブラッドリーに完敗し、引退していましたが、昨年6月に1年7か月ぶりに復帰戦をKOで飾り、また世界戦線に名乗りを上げてきたようです。

しかし、もう往年の力がないのは明白です。ガルシアのためにWBCがランキング入りさせたとしか思えないです。

ガルシアはこういうちょっと名前の通った、安全な相手を探すのが上手いですね。

突貫ファイター、リオス

思ったよりリオスの動きはいいですね。いつものように、前に出てガンガンとプレッシャーをかけ、ガルシアに襲い掛かります。

ガルシアは慎重ですね。左ジャブを突いて、リオスの力を図っています。

しかし、3ラウンドあたりから、ガルシアの手数が増え、下がりながら回転の速い連打で応戦します。

4ラウンドには、軽いパンチをポンポンとヒットさせ、単調な攻めのリオスの動きを見切った感じです。

ガルシアが右を狙い撃ち

この日のガルシアは、リオスのガードの隙間を狙って、右ストレート、少し強めの右フックを多用します。

リオスも左フックは警戒しているでしょうが、この右は見えていないようです。

f:id:stonemeintothegroove:20180322122754j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180322122806j:plain

(この日はガルシアのいきなりの右が、面白いようにヒットします)

まるでワシル・ロマチェンコのように軽めのパンチをポンポンと放ち、プレッシャーをかけて力任せにパンチを強振するリオスを翻弄します。

 

勝負に出たリオスに右ストレートが待っていた

じり貧の展開を打開すべく、9ラウンドにリオスが勝負に出ます。

ずっとプレッシャーをかけ続けていましたが、この回はさらに手数も増えてきました。

これを待っていたのか、ガルシアが見事に間合いを図って、右ストレートがリオスの顎を打ち抜きました。

何度も試し打ちして、タイミングばっちりの右ストレートです。

f:id:stonemeintothegroove:20180322123332j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180322123353j:plain

(左ジャブで間合いを図り、狙いすました右ストレートを打ち抜きます)

f:id:stonemeintothegroove:20180322123532j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180322123545j:plain

(別の角度から)

 

f:id:stonemeintothegroove:20180322123625j:plain

大木がなぎ倒されるように、ゆっくりとリオスがダウンしました。

この一撃をもらっては、立ってこれないでしょう。

しかし、リオスは立ってきました。そして、レフリーの問いかけにも反応していましたが、レフリーがリオスの動きを確認し、試合をストップしました。

 

相変わらずガルシアは手堅いボクシングをしますね。

でも、今日のボクシングはほぼ完ぺき。ガルシアにとっては、思い通りに試合をコントロール出来たのではないでしょうか。

また、サーマンとの再戦です。

まあ、スキルの高い試合にはなるでしょうが、お互いチキンハートで思い切った攻めをしません。会場にブーイングが鳴り響く凡戦になるでしょう。

この試合、私はダイジェストで充分です。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)