速報)ディオンテイ・ワイルダーが初回、右一発で挑戦者を沈める VSドミニク・ブリージール (WBC世界ヘビー級タイトルマッチ)  WOWOW オンデマンドで先行生配信 

ディオンテイ・ワイルダー(アメリカ)VSドミニク・ブリージール(アメリカ)

(出典:WOWOW)

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2019年5月19日)

ワイルダーは、41戦40勝39KO1分け、33歳。

8度目の防衛戦で、タイソン・フューリーと引き分け、若干評価を落としましたね。

ブリージールは、21戦20勝18KO1敗、34歳。WBC4位。

唯一の1敗は、2016年にアンソニー・ジョシュアに7RTKO負けしたものです。

試合経過)

ともに2メールの巨漢対決です。

1R)

ブリージールが前に出ます。ワイルダーは左ジャブで距離をとっています。ラウンド中盤、ワイルダーの右がヒットし、強引に打って出ましたが、ブリージールはコーナーに詰まりながら、応戦します。少しずつ、ワイルダーの右のタイミングが合ってきたようです。

そして、その次の瞬間、ワイルダーの右ストレート一発で、ブリージールは大の字になってダウン。失神したようにダウンしましたら、これは立てないでしょう。レフリーがなんとか立ってきたブリージールの足元が定まらないのをみて、試合をストップしました。

フューリーも、早い回にこの右をもらっていたら、立てなかったかも知れませんね。強烈な右ストレートでした。

残念なのは、フューリーもジョシュアも、そしてワイルダーも、それぞれ有力プロモーターと契約しており、当分は直接対決が実現しない、ということです。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)