リー・セルビーがイギリス式ボクシングで4度目の防衛に成功 VSエドゥアルド・ラミレス

リー・セルビー(イギリス)VSエドゥアルド・ラミレス(メキシコ)

IBF世界フェザー級タイトルマッチ(2017年12月9日)

f:id:stonemeintothegroove:20180220124239j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180220124252j:plain

(出典:WOWOW)

セルビーは26戦25勝9KO1敗。30歳。これが4度目の防衛戦です。

ラミレスは24戦20勝7KO3分け1NC,24歳のサウスポー。IBF11位。

ラミレスは、無敗ですが、名のある選手との対戦はほとんどありません。

 

そして、この試合は、ラミレスの体重オーバーのより、セルビーが勝つか引き分けた場合のみタイトル防衛となり、ラミレスが勝った場合は王座は空位となります。

2.5ポンド(1,13キロ)ぐらいのオーバーは最近もう当たり前になってきて、驚きもしませんね。何度も言いますが、もっと厳しいペナルティが必要だと思います。

さて、この試合ですが、どちらもKO率が低く、判定決着濃厚の世界戦です。しかもおそらく凡戦必至でしょう。

 

 

3ラウンドからチャンピンがペース握る

ラミレスが元気だったのは序盤だけ。

3ラウンドに入り、セルビーが自分の距離でヒットアンドアウエーで手数を増やすと、追う足のないラミレスは完全にスピード負けし、前に出て距離を詰めますが、先に手を出すのはセルビーです。

中盤には完全にセルビーの一方的な展開となり、完全にラミレスの動きを見切ったセルビーがやりたい放題。さすがにこのペースが続くとKOもあり得るでしょう。

8ラウンドの左フックで大きく体を泳がせたラミレスは、完全にピンチに陥ります。

 

f:id:stonemeintothegroove:20180220142846j:plain

(強烈なパンチに見えましたが、意外にラミレスにダメージはなかったようです)

セルビーが中盤以降失速?

このままの展開だと、終盤にはセルビーの久々のKOシーンが見られるかと期待しました。 

しかし、9ラウンドあたりから、セルビーがペースダウンします。

ラミレスは必死にセルビーを追いかけますが、パンチにスピードがなく、難なくセルビーにさばかれてしまいます。

セルビーもややスタミナが切れてきて、ボクシングが雑になってきます。

セルビーは決してガードが堅いわけではないので、時折ラミレスのパンチを不用意にもらいます。右のガードが甘いような気がしますね。

ただ、ラミレスもパンチ力がないので、助かっています。

f:id:stonemeintothegroove:20180220143508j:plain

(ラミレスがセルビーをロープに詰めてパンチを浴びせます)

11ラウンドは相変わらず手数が多いのはセルビーですが、クリーンヒットはラミレスが多かったようです。

私には、ポイントは圧倒的にセルビーがリードしているように思いましたが、珍しく最終ラウンド、セルビーが逃切り態勢に入らず、最後の力を振り絞って、ラッシュしてきました。

かなり疲れたラミレスはよれよれになりながら、必死で防戦します。

特にボディブローはかなり効いている感じです。

セルビーのパンチはホントに軽いのでしょうね。かなりラミレスの顔面にパンチをヒットさせましたが、倒し仕切ることが出来ませんでした。

まあ、もみ合の少ないクリーンなファイトだったことが唯一の救いですね。

 

採点はもちろん3-0(118-110、119-109、116-112)でセルビーが大差の判定勝ちです。

次の防衛戦はの相手は、同国のジョシュ・ウォーリントン。

2016年4月にイギリスで天笠選手に大差の判定勝ちをしています。

 

www.boxing-blog.com

 

26戦全勝6KO、27歳。一応、IBF1位ですが、KO率は異常値ですね。

凡戦必至の最低のカードのような気がします。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)