全勝のホープ2人がダイナミックグローブに登場。明暗を分ける結果に! 中谷潤人&千葉開

中谷潤人(MT)VSジェロール・ボレス(フィリピン)

52,5キ㎏契約8回戦(2018年1月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20180122095043j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122095053j:plain

(出典:日テレG+)

中谷は2016年のフライ級全日本新人王で、東日本新人王ではMVPを獲得しています。

13戦全勝10KO、20歳。日本ユースフライ級チャンピオン、日本フライ級7位、OPBF4位。

 

www.boxing-blog.com

 ボレスは12戦8勝5KO3敗1分け、22歳。

フィリピンフライ級10位、OPBFフライ級5位。

 

左ボディブロー一発

ボレスはフィリピンボクサーらしく、荒っぽく大振りのパンチを振り回してきます。

サウスポーの中谷は、右ジャブで距離を測ります。

ラウンド中盤には早くも左のカウンターがヒットします。

そして、右ジャブでボレスのガードが上がったところへ、渾身の左ストレートをボディに突き刺しました。

この一発でボレスはマットに倒れ悶絶。カウント10までに立ち上がることが出来ませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20180122103423j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122103618j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20180122103434j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122103734j:plain

(右ジャブでガード上げさせぼデブローを叩き込みました)

中谷の圧勝。

f:id:stonemeintothegroove:20180122103837j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122103845j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122103851j:plain

この日は、ほぼS・フライ級のウエイトで戦っていますが、背の高い中谷ならバンタム級でも十分通用しそうです。

パンチ力があって、リーチが長くしかもサウスポー。将来が楽しみな逸材ですね。

 

千葉開(横浜光)VSブライアン・ロベターニャ(フィリピン)

バンタム級8回戦(2018年1月20日)

f:id:stonemeintothegroove:20180122105210j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122105216j:plain

(出典:日テレG+)

千葉開は7戦全勝、24歳。OPBFバンタム級10位。

目が良くて、パンチ力のある未来の世界チャンピオン候補です。

 

www.boxing-blog.com

 ロベターニャは19戦12勝10KO4敗3分け、26歳。

OPBFs・バンタム級10位。

 

一瞬の油断が命取り

パンチ力のある選手は怖いですね。

 

ロベターニャの大きな右フックには、倒す力を十分持っていますが、千葉はこのパンチを完全に見切っていました。

3ラウンドに不用意にこのパンチをもらうまでは、完全に千葉がペースを握っていました。スピードもテクニックも圧倒的に千葉が上。

解説の浜田剛史さんも「3~4ラウンドには倒してくれるでしょう」と。

 

3ラウンドには大振りを繰り返すロベターニャはかなりスタミナを消耗しており、千葉が連打を畳みかければ、何時でも倒せそうな感じです。

しかし、好事魔多し。

終了間際の一瞬の隙をついて、ロベターニャの右フックが千葉の顎をとらえました。

f:id:stonemeintothegroove:20180122111246j:plain

(完全に見切っていた大振りの右フックが千葉をとらえる)

このパンチは効きました。千葉の体が泳ぎ、必死にロベターニャにしがみついて追撃を防ぎます。

しかし、1分の休憩ではダメージは抜けません。

4ラウンド、明らかにダメージの残る千葉に、またもやロベターニャの右オーバーハンドがヒットし、ついに千葉がダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20180122111639j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180122111645j:plain

(またも同じパンチが千葉の顎をとらえました)

立ってきた千葉ですが、レフリーがカウントの途中で試合をストップしました。

ロベターニャはこのパンチしかありませんでした。

そして、目のいい千葉は完全に見切っていました。しかし、そこに過信があり、ガードが甘くなっていたのでしょう。

まさかまさかのTKO負けです。

初黒星を喫した千葉ですが、素質は申し分ありません。

再起を期待します。まだ十分世界は狙えますよ。

ふと、元WBC世界S・フライ級チャンピオンの川島敦志さんを思い出しました。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)