久我勇作が衝撃の1RKOで防衛成功 VS小坂遼 日本S・バンタム級タイトルマッチ

久我勇作(ワタナベ)VS小坂遼(真正)

日本S・バンタム級タイトルマッチ(2018年3月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20180519103736j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180519103751j:plain

(出典:TBSチャンネル)

久我は18戦15勝10KO2敗1分け、27歳。

ベテラン石本康隆にTKO勝ちして獲得した、日本タイトルの2度目の防衛戦です。

小坂は20戦20戦16勝7KO3敗1分け、24歳。日本1位。

現在9連勝中ですが、その相手に名のある選手はなく、トップコンテンダーとしてはやや物足りない感じがします。

 

すべての団体で世界ランクに名を連ねている久我に比べると、その実績にはかなり差がありそうです。

 

王者の右がさく裂

不敵な面構えの小坂が柔らかいディフェンスで、久我のパンチをかわしながら、積極的に左ジャブを突いて前に出ます。

しかし、久我のオーバーハンドの右は威力がありそうですね。

小坂の攻撃を余裕をもってさばいていた久我は、1分を過ぎたころから、積極的にパンチを繰り出します。

早くも右のタイミングが合ってきた感じです。

小坂も応戦しますが、パンチの威力が違いますね。

そして、ラウンドのちょうど中盤に久我の右がヒットし、小坂がたじろいだところへ、左ジャブで距離を図り、狙いすました久我の右が小坂をとらえます。

f:id:stonemeintothegroove:20180519111212j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180519111317j:plain

(久我の強烈な右がさく裂)

ややカウンター気味にヒットしたパンチで、小坂は転がるようにしてダウン。

かなりダメージがありそうです。

f:id:stonemeintothegroove:20180519111943j:plain

(立てないかな、と思いましたが)

カウント8で、辛うじて立ってきた小坂ですが、効いていますね。

試合は再開され、久我が猛然と襲い掛かります。

小坂も必死に応戦しますが、その右に合わせて久我の左フックがカウンターで小坂の顎をとらえます。

小坂は前のめりにダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20180519112416j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180519112514j:plain

 

(左フックがカウンターで小坂の顎にヒット)

今度もカウント8で立ってきましたが、レフリーがストップしました。

圧巻の1ラウンド、TKO勝利です。

次の相手は和氣

何と次の防衛戦の相手に、世界ランカーの和氣が名乗りを上げてきました。

和氣は、初の世界挑戦にTKO負けしてから、4戦全勝4KOで、戦線に復帰しています。

お互い世界を狙う同士が、日本タイトルマッチで拳を交えることになります。

久我はWBC6位、WBA8位、IBF11位、WBO10位。

一方の和氣はIBF8位、WBO15位。

お互いパンチ力がある同士。KO必至の対戦となりそうですね。

 

日本のS・バンタム級は激戦区です。

IBF王者に岩佐亮佑。先日、初防衛に成功しています。

世界ランカーは久我勇作、和氣慎吾、亀田和毅、大竹秀典の4人。

残念ながら、先日世界挑戦に失敗しましたが、松本亮もまた世界戦線に戻ってくると思われます。丸田陽七太も期待のホープです。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)