アルツール・ベテルビエフはこんなに慎重なボクサーでした? VSエンリコ・コーリング

アルツール・ベテルビエフ(ロシア)VSエンリコ・コーリング(ドイツ)

IBF世界ライトヘビー級王座決定戦(2017年11月11日)

 

f:id:stonemeintothegroove:20180119094446j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180119094455j:plain

(出典:WOWOW)

ベテルビエフは11戦全勝11KO、32歳。

2年前に初めてWOWOWで見たときから、ずっと気になっていた選手です。

コーリングは24戦23勝6KO1敗、27歳。

アマ、プロ通じてダウンが経験がないという、鉄壁のディフェンスとタフさが売り物です。

しかし、6KOとはお粗末ですね。

ベテルビエフにかかれば、5ラウンド以内に初めてキャンバスに沈むことになると思います。

 

 

別人のように慎重なベテルビエフ

2年前に見たときは、「豪快さ」しか印象にありません。

たしかに、冷静沈着なボクサーではありましたが、ここまで慎重なボクシングをするとは思ってもいませんでした。

毎ラウンド、判で押したようなボクシングが展開されます。

ベテルビエフが左ジャブを突き、プレッシャーをかけコーリングをロープに詰めます。

しかし、ここから一気に畳みかけることはありません。

コツコツとコーリングの堅いガードの上からパンチをヒットし、決して強引に攻めません。

コーリングは時折、ベテルビエフに左ボディを返すぐらいで、大きなパンチはすべてベテルビエフに読まれています。

回を追うごとに会場のブーイングは大きくなります。

しかし、ベテルビエフは意に介さずマイペースを貫きます。

もう勝敗の行方は明らかです。いつ倒してもおかしくない展開です。 

終盤にようやくベテルビエフが動く

9ラウンドにやや休んだ感じのベテルビエフが、10ラウンドから少し強いパンチを打ちだします。

貝のようにガードを堅めて守りに徹していたコーリングも、さすがに苦しくなってきました。

11ラウンドにベテルビエフのショートの右でコーリングの顎が上がりました。

f:id:stonemeintothegroove:20180119100851j:plain

(軽く打ったパンチですが、コーリングの顎が上がります)

さすがにチャンスとみたベテルビエフが攻勢をかけますが、まだコーリングに余力があると判断したのか、一気にはいきません。

試合は、まさかの最終ラウンドまで来ました。

ベテルビエフの執拗なボディ攻撃で、さすがのコーリングも気持ちが折れかけています。

そして一気にベテルビエフがロープに詰めて連打すると、コーリングは座りこむようにしてダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20180119101704j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180119101711j:plain

(完全にガソリン切れ状態でコーリングがダウン)

もう、精も根も尽き果てたような感じでしたが、それでも立ってきます。

残り時間はもう1分を切りました。

ベテルビエフは強引に倒しに行きます。

そして、ガードの上から右フックをたたきつけ、なぎ倒すようにダウンを奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20180119101918j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180119101928j:plain

(完全にガードの上からのパンチでした)

もう、気持ちが完全に折れたコーリングを見て、レフリーがすぐにストップしました。

 

ベテルビエフは、ワシル・ロマチェンコのボクシングを研究したのでしょうか。

コーリングは途中棄権こそしませんでしたが、パンチのダメージで倒したというより、相手の心を折ってギブアップさせた勝ち方でした。

 あれだけのブーイングの嵐の中、マイペースを貫いたベテルビエフの冷静さは恐れ入りますが、もう少しプロ意識を持たないと、せっかくの強打が泣きますよ。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)