河野公平は判定負けで防衛失敗VSルイス・コンセプシオン&田口良一は大差判定で宮崎亮を圧倒

田口良一VS宮崎亮

WBA世界Lフライ級タイトルマッチ(2016年8月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20160901112425j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160901112434j:plain

(出典:テレビ東京)

田口は27戦24勝11KO2敗1分け、29歳の右ボクサーファーターで、これがすでに4度目の防衛戦となります。

宮崎は28戦24勝15KO1敗3分け、28歳。世界ランク1位の右ボクサーファイターです。

 

スピードとパンチ力では宮崎、スタミナと打たれ強さは田口、と言われていました。

したがって、前半は宮崎がリードして、後半、田口が追い上げる展開になり、かなり力の拮抗した対戦というのが大方の予想でした。

 

 

序盤から田口がリード

 ところがふたを開けてみると、田口が序盤から手数で圧倒し、スピードも全く負けていませんでした。

距離を支配した田口が左ジャブから多彩な攻撃を展開し、宮崎はいつもの出入りのスピードが見られません。

序盤に田口にペースを握られた宮崎は、4回ぐらいからいつもの動きがみられるようになりましたが、いかんせん手数が少なく、仕上がりの悪さを感じさせました。

f:id:stonemeintothegroove:20160901124510j:plain

  

8ラウンドからようやく宮崎がプレッシャーをかけ、手数増やして攻勢に出ましたが、ペースを取り戻すまでには至りません。

結局、最終ラウンドまでほぼ同じような展開で、宮崎は不完全燃焼のままゴングを聞きました。

3-0の判定で田口が4度目の防衛に成功しましたが、採点は意外とバラついていました。(116-112、117-111、119-109)(ちなみに小生の拙い採点では、9ポイント差で田口)

 

気になる内山高志の去就

 

この日の解説は内山高志でした。結構、うまいですね。

f:id:stonemeintothegroove:20160901125259j:plain

年末にコラレスと再戦をする話も出ていますが、まだ内山を去就をはっきりさせていません。

私は個人的には、コラレス戦は反対です。どうせやるなら、ワシル・ロマチェンコかニコラス・ウォータースですね。

でも、もう引退してもいいんじゃないですか。解説もうまいですし。

しかし、私の予感としては、年末にコラレスと再戦しそうですね。この試合、体に悪いです、私の。

 

河野公平VSルイス・コンセプシオン(パナマ)

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ(2016年8月31日)

f:id:stonemeintothegroove:20160901131658j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160901131705j:plain

(出典:テレビ東京)

河野はこれが4度目の防衛戦です。

41戦32勝13KO8敗1分け、もう35歳の大ベテランです。

 

コンセプシオンは38戦34勝24KO4敗、30歳。右ファイターで、WBA世界Sフライ級暫定チャンピオンです。

同じパナマの選手でもコンセプシオンはアンセルモ・モレノとは全くタイプの違うボクサーですね。

好戦的でガードが甘い、穴の多い選手です。

カルロス・クアドラスにはその強打を完封され、甘いガードに軽いパンチを決められ、いいところなく判定負けしています。

 

河野は作戦失敗

序盤のコンセプションの強いパンチを警戒し、パワフルな攻撃を下がりながらさばく作戦だったようです。

しかし、コンセプションのパワーは河野を圧倒し、3ラウンドまでは完全にコンセプションがポイントをリードしていました。

f:id:stonemeintothegroove:20160901132338j:plain

中盤から少し失速してきたコンセプションにボディ攻撃で対抗し、ガードの甘いコンセプションに右のストレートをカウンターで面白いようにヒットしました。打てば当たる、という感じでしたが、見た目ほどダメージを与えることはできていなかったようです。もっと、ボディブローを多用した方が良かったですね。

逆に、8ラウンドにもらったアッパーカットはかなりダメージがありました。

これで、河野の動きに力がなくなりましたね。

 

終盤は一進一退の展開が続き、河野はペースを完全に取り戻すことなく終了のゴングを聞きました。

結局、全体にパワー負けという感じで、序盤に失ったポイントを挽回できませんでした。

判定は3-0(115-113、116-112、116-112)。

このポイント差を見ても、序盤に失ったポイントがいかに大きいかわかりますね。

コンセプションもこのボクシングでは長くないですね。

井上拓真なら絶対勝てます。

No tags for this post.

4 Comments

ユウシ

両試合とも予想通りでしたね。僕の採点は、田口対宮崎が120対108のフルマーク、田口の圧勝。田口のスキルフルなボクシングからみて、他団体王者との統一戦にも期待できる、と確信しました。
河野対コンセプシオンは、112対116、明白な判定の完敗でした。タクマなら完勝できる、というのには同感です。
僕は、内山前スーパーチャンピオンとコラレスのダイレクトリマッチを観たい、と思います。KOでタイトル奪還してもらいたい、と熱望します。

返信する
まんじろう

この試合は、見ていて河野にかなりイライラしました。
河野は、ビビりすぎです。
前半は腰は引けて、あんなパンチは当たっても効かないでしょう。
終盤はコンセプシオンがうち疲れてたのに、河野もヘロヘロでパンチに威力が感じられず。。。
日本人は、パンチ力があり体幹の強いファイタータイプに弱い傾向があると思います。言い換えれば打たれ弱い!
船首だけでなく、トレーナーも頑張れとはっぱをかけたいです。

返信する
stonemeintothegroove

ユウシさん、コメントありがとうございます。
私も公式ジャッジの二人の採点には少し疑問を感じました。田口は井上に倒されなかっただけの実力がありますね。

返信する
stonemeintothegroove

まんじろうさん、コメントありがとうございます。
確かに河野は体幹で負けてましたね。
あれだけ右のカウンターが決まっていたのに、相手はびくともしませんでしたから。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)