ギジェルモ・リゴンドーがS・バンタム級で攻撃型に変身し完全復活!VSフリオ・セハ

ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)VSフリオ・セハ(メキシコ)

(出典:WOWOW)

WBC世界S・バンタム級挑戦者決定戦(2019年6月23日)

リゴンドーは、20戦18勝12KO1敗1NC、38歳。WBC3位。

2017年12月にワシル・ロマチェンコに完敗し、1年間のブランクの後、今年の1月に1RKOで再起戦を飾っています。本来の階級に戻って完全復活をかけ、トップコンテンダーのセハと挑戦権を争います。

セハは、35戦32勝28KO3敗、26歳。WBC1位。

元WBC王者。昨年5月には伏兵にTKO負けを喫するなど、KO率80%の強打者ですが、打たれもろいのが欠点ですね。13か月ぶりの再起戦となります。

試合経過)

1R)

開始早々、リゴンドーが速い左を打って出ます。かなり力を込めて左のフック、アッパーを打ち込みます。セハは、ボディブローで応戦します。ラウンド後半は接近戦での打ち合いになりましたが、ここでもリゴンドーは積極的にパンチを放ちます。リゴンドーは明らかにいつものリゴンドーとは違いますね。(10-9)

2R)

セハも負けじと前に出ますが、リゴンドーが左アッパー、フックを強振し、応戦します。セハは、接近戦でボディから上へパンチを返します。しかし、リゴンドーも押し負けていません。リゴンドーの左アッパーがきれいにヒット。うまいですね。終盤は、セハの左ボディから上への返しを、リゴンドーは結構もらっています。(9-10)

3R)

セハが前に出て、リゴンドーが距離をとります。リゴンドーのいつものスタイルですね。セハの左ボディブローが効果的です。接近戦での打ち合いでも、セハが打ち勝っていますね。今日のリゴンドーはいつもより被弾が多い気がします。終盤もセハが前に出て、コンパクトにパンチをヒットしています。(9-10)

4R)

お互い足を止めて、接近戦で打ち合います。セハのボディブローが結構ヒットしています。リゴンドーは左アッパー、右ボディブローで応戦。しかし、セハの手数は止まりません。終盤、リゴンドーの得意のアッパーがセハの顎をとらえました。(9-10)

5R)

セハの前進は止まりません。強烈な左右のボディブローに対し、リゴンドーは左アッパーで応戦します。セハの頭が下がると、リゴンドーの左打ち下ろしがヒット。パンチの重さではセハですが、キレはリゴンドーの方があるように見えます。セハの頭が下がると、リゴンドーが左右のアッパーを放ちます。相手をよく見ているのはリゴンドーですね。このアッパーでセハの動きがやや鈍くなってきました。そして、セハのパンチもやや的確性を欠いてきた感じです。(10-9)

6R)

序盤から、リゴンドーの強烈な左アッパーが2発ヒット。ややリゴンドーに余裕が出てきた感じです。リゴンドーがかなり強めに左右のパンチを打ちこみます。セハのパンチにややキレがなくなってきた感じです。リゴンドーはほぼセハのパンチを見切っていますね。ところが、残り10秒あたりで、セハがラッシュ。リゴンドーの頭が下がったところへ、セハの左フックがヒットし、リゴンドーが腰を落としかけます。これはちょっと効きましたね。リゴンドーも必死に反撃しますが、セハのパンチの方が的確でした。(9-10)

7R)

セハの動きにやや力が戻りましたね。リゴンドーもダメージはなさそうです。さあ、ここからが正念場です。セハが執拗にボディを狙います。リゴンドーはこれには付き合わず、反時計回りに回りながら、セハの攻撃を捌きます。しかし、リゴンドーはこの回は手数が減っていますね。終盤、セハの右ストレートがリゴンドーの顔にまともにヒットしました。(10-9)

8R)

セハがリゴンドーを追いかけます。リゴンドーは右ジャブで距離をとりますが、時折、セハのパンチをまともにもらってます。しかし、中盤、リゴンドーが前に出てセハを下がらせます。そして、お互いボディの打ち合いですが、リゴンドーの左ボディの方が的確にヒットしています。ところが、ここで両選手に、ローブローの減点が与えられます。これって意味ないのでは。試合再開後、リゴンドーがかなり強めにパンチを打ちこみます。一方のセハのパンチはやや力がなくなっています。

そして、残り8秒。リゴンドーの強烈な左ロングフックがセハの顎を打ち抜き、セハが仰向けにダウン!

(強烈な左ロングフックがジャストミート)

何とか立ってきたセハですが、レフリーが試合をストップしました。

(まだ戦えそうでしたが)

今日のリゴンドーは、解説の西岡さんが「面白い」とコメントしましたが、同感です。

これで、リゴンドーはレイ・バルガスへの挑戦権を手に入れました。楽しみなカードですね。

No tags for this post.

4 Comments

怒りの王子

リゴンドーは階級を戻したことでイキイキと戦ってますね

亀田和毅対リゴンドー観たかったけど、天笠戦が自分の中でのベストバウトです。

返信する
わしボク

怒りの王子さん、コメントありがとうございます。
リゴンドーはS・バンタム級でも小さく見えますね。
攻撃型にモデルチェンジしたリゴンドーの今後が楽しみです。

返信する
団長

この試合は、将来井上尚弥選手が戦うかもしれない二人、という視点で見ていました。セハはかなりうまく戦ったと思います。最後は残念でしたが、井上選手にリゴンドー攻略のヒントをたくさん与えてくれました。日本人としては感謝です!

返信する
わしボク

リゴンドーは、したたかなボクサーです。
団長さんが見つけた攻略法のヒントが「わしボク」にはよくわかりませんが、
恐らく井上と対戦するときは、全く違う戦法で来ると思いますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)