速報)拳四朗VSヒルベルト・ペドロサ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 4R圧巻のTKO勝ちで2度目の防衛成功

拳四朗(BMB)VSヒルベルト・ペドロサ(パナマ)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2017年12月30日)

f:id:stonemeintothegroove:20171231104923j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171231104934j:plain

(出典:フジテレビ)

拳四朗は11戦11勝5KO、25歳。

ペドロサは23戦18勝8KO3敗2分け、28歳。WBC8位。

初めて地上波生中継でその雄姿を披露する拳四朗としては、スカッと倒してその名をアピールしたいところですね。

あえて拳四朗が危惧する点を挙げるとしたら、

①試合間隔が2か月余りと、世界戦としてはかなり強行スケジュールであることと、

②相手の身長が10㎝も低く、ボクサータイプということなので、ひょっとしたらなかなか捕まらないかもしれない、

という点ぐらいです。

順当に考えらるなら、拳四朗が左ジャブで相手をコントロールできれば、終盤にボディブローで倒せるような気がします。

 

試合経過)

1R)

まず、気になるのは拳四朗の仕上がらり具合ですね。

それと相手の動きの速さでしょう。

拳四朗、控え室ではかなりリラックスしてますね。

井上尚弥の方が緊張している感じがします。

 

なかなか相手は速いですよ。拳四朗もう少し左ジャブがほしいですね。

それほど相手は小柄にみえません。

この回は、まあ、様子見でした。

2R)

ペドロサは結構積極的に出てきます。拳四朗は左を打ってかわします。

拳四朗にボディ攻撃がいいですね。

3R)

拳四朗が少し強めに出てきました。左ジャブがいいですね。

拳四朗が少しずつペースを握ってきました。

4R)

右フックが効いたぞ。ペドロサがロープまで下がりました。

f:id:stonemeintothegroove:20171231120222j:plain

(この右フックはかなりダメージがありました)

追いかけるように拳四朗がラッシュ。そして左ボディブローでペドロサがダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20171231105454j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171231105502j:plain

(強烈な左ボディでペドロサがたまらずダウン)

なんとか立ってきましたが、さらにボディの連打でダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20171231105640j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171231105655j:plain

(とどめのボディブロー。これは立てないでしょう)

ダウンを奪ってからの攻撃が素晴らしかったですね。見事です。

ここでレフリーがストップしました。

 

4RTKOで2度目の防衛に成功しました!

圧巻のKO劇でしたね。

拳四朗、強いぞ!この勢いなら、前王者のガニガン・ロペスにもパワー負けしないでしょう。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です