4兄弟が現役ボクサー リアム・スミス

WBO世界Sウェルター級王座決定戦

 

リアム・スミス(イギリス)VSジョン・トンプソン(アメリカ)(2015年10月10日)

 f:id:stonemeintothegroove:20160106133120j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160106133133j:plain

(出典:WOWOW)

スミスは4兄弟の3男。日本でも3兄弟というのがいましたね。

長男はポール・スミスという選手で、アルツール・アブラハムに2度挑戦して負けているそうです。見たかもしれませんが、記憶にありません。

 

3位のスミスは21戦無敗。さすが無敗だけあって守りかが硬く、堅実なボクシングを展開します。ただ、あまりにも用心深いため手数が極端に少ないし、危険な連打はしません。ひたすら単発のパンチでチャンスをうかがいます。

 

5位のトンプソンは17勝のうち6KOが示す通りパンチが非力で、ジャブで自分の距離をキープすることもままなりません。

時折、左ジャブから右フックを返し、世界ランカーの片りんを見せますが、これが精いっぱいのようです。

 

結局最後は左ストレート

 

トンプソンが自分の距離でボクシングをしたのは初回だけ。

2ラウンドからはスミスの右ストレートを不用意にもらう場面が増え、「この右で最後は倒されるかもしれんな~」となんとなく思っていました。

しかし何度も言いますがスミスは用心深く、なかなか手数が増えません。

5ラウンドぐらいからボディブローが決まるようになり、少しずつトンプソンの体力をそぎ落としていきます。

6ラウンドは最初、トンプソンが距離をキープして軽快にパンチを放っていましたが、途中から距離が詰まると、スミスが一気に攻勢をかけ、ダウン寸前まで追いつめます。

f:id:stonemeintothegroove:20160106133041j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160106133152j:plain

(出典:WOWOW)

そして、7ラウンド。倒しに行ったスミスの会心の右ストレートが抜群のタイミングでヒットし、レフリーストップ、TKO勝ちでタイトルを獲得しました。

 

スミスはこの後、12月19日に早くも防衛戦を行い、9位のジム・ケリーに7回KO勝ちで初防衛に成功しています。

しかし、同じ階級のジャーマル・チャーロに比べるとかなり見劣りしますし、このボクシングスタイルでは人気は出ないでしょうね。

No tags for this post.

2 Comments

評論家

リアムスミスはフライ級のころの亀田興毅みたいな退屈極まりないボクシングをしますね。打ち終わり右スト、左フック。思い出したようにボディとまんま昔の亀田興毅で笑ってしまいました。手数を出すと若干ガードが下がる欠点まで完備してます。ただ亀田興毅よりちょっと使える接近戦の技術が多いだけです。センスのない真面目なボクサータイプですね
軽量級だとあのボクシングでは倒すのは難しいですが中量級だとKOできるみたいです。

返信する
stonemeintothegroove

ボクシングはKOが一番と思っていますが、ルアムスミスのKOはいただけないですね。やっぱりKOまでのプロセスが大事です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)