わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最後まで距離の長さに苦労し、不完全燃焼の判定で末吉大が日本タイトル奪取 VS高畑里望

▼最新記事

末吉大(帝拳)VS高畑里望(ドリーム)

日本S・フェザー級王座決定戦(2017年10月7日)

f:id:stonemeintothegroove:20171008135053j:plainf:id:stonemeintothegroove:20171008135104j:plain

(出典:日テレG+)

尾川堅一が世界タイトルを狙うため返上し、空位になった、日本S・フェザー級の王座決定戦です。

1位の末吉は、16戦15勝10KO1敗、26歳。満を持して臨みます。

2位の21戦13勝5KO7敗1分け、38歳。37歳を過ぎても日本ランキングに入っていれば引退しなくてもよい、という特例で、この度、最高齢でのタイトル挑戦となったわけです。

私の戦前の予想では、末吉の圧勝、後半でのKOも十分考えられる、と信じて疑いませんでした。

 

 

距離の長さに戸惑う末吉

身長174㎝の末吉に対し、高畑は180㎝の長身。リーチはもっと差がある感じでした。

前に出る高畑の左ジャブが、予想以上に長く、末吉がその長さにかなり戸惑っていますね。しかも、少し硬くなっているのか、いつもより動きも悪いように見えます。

高畑のパンチもクリーンヒットはほとんどないのですが、末吉はペースがつかめず、得意の左ジャブも少なく、やや押され気味の滑り出しです。

 

中盤辺りからようやくジャブが

どうにもかみ合わない展開が中盤まで続き、お互いクリーンヒットがあまりありません。高畑の長いロングフックも末吉のディフェンスの良さとフットワークに阻まれ、単発に終わります。

中盤辺りからようやく末吉の左ジャブがヒットし出し、右ストレートも届くようになってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20171008141651j:plain

(ようやく末吉の左ジャブが当たり出すが、どうも踏み込みが甘い感じ)

しかし、こちらも単発に終わり、連打が出ません。

右ストレートも体が伸び切ったところでヒットしているので、威力は半減。高畑にダメージを与えるまでには至りません。

f:id:stonemeintothegroove:20171008141418j:plain

(末吉の右クロスも、もう10㎝深く打ち込まないと威力が半減)

 

後半は末吉がペースをつかむが

5ラウンド終了時点での採点は2-0(48-48、48-47、49-46)で末吉がリード。

この発表を受けて、高畑が積極的に打って出ますが、硬さがとれて動きが良くなった末吉に、パンチを見切られ、ほとんどヒットしません。

しかし、末吉も高畑の長いリーチに阻まれ、思い切って踏み込むことが出来ません。

強いパンチが打ち込めず、どうしても末吉の距離で戦うことが出来ません。

終盤は、かなり強引に末吉が前に出てパンチを放ちますが、やや攻撃が雑で、時折高畑の右カウンターをまともにもらう場面が増えてきます。

f:id:stonemeintothegroove:20171008142616j:plain

(ディフェンスのいい末吉が高花他の右カウンターをもらう場面も)

それでも、やや疲れの見えた高畑に対し、末吉がようやくペースをつかみ、手数も増えてきました。

しかし、やはり高畑の距離の長さに、どうしても決定打を打ち込みことが出来ず、最終ラウンドまで、末吉らしさがほとんど見られず、不完全燃焼で試合は判定にもつれ込みました。

後半はなんとなく末吉がペースをつかんでいた感じですし、高畑も末吉に本来のボクシングをさせなかっただけで、クリーンヒットが少なく、こちらも結構やりにくそうでしたね。

噛み合わないボクシングの判定は、3-0(97-93、98-93、98-92)で末吉が勝利し、タイトルを獲得しました。

末吉は、リーチの長い相手に対する対策が全くできてなかっですね。

勝利者インタビューもまるで敗者のようでした。

今まで見た末吉の試合にの中では、最低の出来でした。世界はまだまだ遠いですね。