わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

なんとも不思議なアフリカンボクサーが王座統一 ジュリウス・インドンゴVSリッキー・バーンズ

▼最新記事

リッキー・バーンズ(イギリス)VSジュリアス・インドンゴ(ナミビア)

WBA・IBF世界Sライト級王座統一戦(2017年4月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20170607110753j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170607110804j:plain

(出典:WOWOW)

リッキー・バーンズは、47戦41勝14KO5敗1分け、34歳。3階級制覇の歴戦の雄です。

 

www.boxing-blog.com

 

一方のジュリウス・インドンゴは21戦全勝11KO、34歳のサウスポー。

昨年12月にエデュアルト・トロヤノフスキーを40秒でKOし、IBFタイトルを獲得。世界中のボクシングファンをあっと言わせました。

 

www.boxing-blog.com

 インドンゴは、この世界挑戦が初めての海外での試合で、それまではすべて自国ナミビアでしか試合をしていません。ボクシングマガジン誌はこのミステリアスなナミビア人を「アフリカの謎」と称しています。

ともかく、インドンゴにとっては、この統一戦が真価を問われる一戦となりますね。

前評判はもちろん実績のあるバーンズが有利です。

 

初回からインドンゴがペースをつかむ

インドンゴはとにかく手数が多く、右ジャブから左ストレートをパンパンと打ち込みます。ほとんどクリーンヒットはありませんが、攻防分離型のバーンズはガードに忙しくて、全く手が出ません。

インドンゴはヒットしようがしまいが、お構いなしにパンチを放ちます。

しかも、身長は1㎝しか変わらないのに、距離が全然違います。長いリーチと極端に半身に構えたサウスポーのインドンゴは距離が長く、しかも自分の距離を完全にキープしてバーンズを寄せ付けません。

距離の合わないバーンズはますます手数が減り、インドンゴの一方的な展開になっていきます。

 

中盤からインドンゴがペースを上げる

完全にペースをつかんだインドンゴは、さらにプレッシャーを強め、得意の左オーバーハンドもかなり思い切り振ってきます。

f:id:stonemeintothegroove:20170607113915j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170607114628j:plain

(序盤はほとんどクリーンヒットしなかった左も、バーンズをとらえるようになります)

序盤はほとんどインドンゴのパンチをカバーしていたバーンズですが、中盤辺りから少しずつヒットを許すようになってきました。

後半は失速するかと思われたインドンゴですが、むしろピッチを上げてバーンズを追い込みます。

決してパンチ力があるとは思えませんし、さほどスピードがある訳でもないのですが、とにかくパンチを打つテンポが速く、相手に反撃の隙を与えません。

 

なにもできずに終わったバーンズ

後半になってもバーンズの手数は一向に増えません。右ストレートのカウンターを狙っているようですが、インドンゴはダッキングがうまく、このパンチをうまくかわします。

ジョー小泉さんが「インドンゴは左もいいですが、意外と右フックをうまく使って相手の攻撃をかわしていますね。」という通り、この右フックを結構効果的に使います。

 

バーンズは12ラウンド、一体何をしてたのでしょうね。

ほとんどパンチを出しませんし、クリーンヒットもほとんど記憶にありません。

一方のインドンゴは、最後まで手数が減りませんでした。タイトルを獲得した試合は40秒しかボクシングをしていませんでしたが、スタミナも十分あることも証明して見せました。

 

判定は3-0(120-108、118-110、116-112)でインドンゴの文句なしの勝利。

私はフルマークでインドンゴの勝ちとしましたが、116-112を付けたジャッジは一体バーンズのどこを評価して4ポイントも与えたのでしょうか。

こういう極端に違う採点をするジャッジは、しっかり検証して、問題があるようなら処分する姿勢が必要ですね。

 

バーンズはもう引退していいでしょう。もともとなんの魅力もないボクサーですからね。

インドンゴは「強い」という印象はありませんが、いつの間にか相手を圧倒する、不思議なボクサーです。とにかくパンチの打ち方が独特です。

西岡さんは「意外と打たれ弱いかも」と言ってましたが、私もトロヤノフスキーともう一度やってもらって、それを確かめてみたいと思いました。今度はあっさりとトロヤノフスキーが勝つかもしれません。

いずれにしても、テレンス・クロフォードには歯が立たないと思います。