読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ロマゴン、ゴロフキンのアンダーカードに登場した身長180㎝のライト級新星 ライアン・マーティンVSブライアント・クルス

▼スポンサーリンク

▼最新記事

ライアン・マーティン(アメリカ) TKO ブライアン・クルス(アメリカ)

WBC米大陸ライト級タイトルマッチ(2017年3月19日)

f:id:stonemeintothegroove:20170321105959j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170321110007j:plain

(出典:WOWOW)

ライト級で長身といえば、まず思いつくのがIBF王者のロバート・イースターですね。

 

www.boxing-blog.com

 ライアン・マーティンは身長180㎝の24歳。

17戦全勝10KOのホープです。

対するブライアン・クルスも18戦17勝8KO1敗と好成績を残しています。

ホープ対決と言えるでしょうね。

しかし、この二人、リング上で対峙すると、確実に1階級は違うように見えます。

f:id:stonemeintothegroove:20170321110606j:plain

(身長差10㎝)

 

力の差が歴然

マーティンは身長を生かしたスタイリッシュなボクシングをします。

左ジャブは長くて速い。この左の使い方はうまいですね。

しかも、前に出てプレッシャーをかけます。接近するとコンパクトにパンチをヒットし、相手のカウンターをシャットアウトしています。

 

4ラウンドからはもう一方的で、同じホープでもその実力差は歴然としています。

クルスは全くなすすべなしです。

5回に入ると、マーティンは強いパンチを連打で浴びせます。

ストップかな?と思う場面が何度もありましたが、マーティンのパンチに今一つ威力がありません。

当て勘は抜群にいいのですが、残念ながら左右ともナックルがきちっと当たっていません。握りが甘いような気がします。

 

しかし、8ラウンドにマーティンが連打で畳みかけると、さすがにこの一方的な展開にレフリーが割って入りました。

f:id:stonemeintothegroove:20170321111744j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170321111751j:plain

(これだけ一方的になれば、もっと早く止めても良かったと思います)

 

ホープ対決を圧勝したマーティンは、そろそろWBCの15位に顔を出してくるかもしれませんね。

テクニックは一級品ですが、パンチ力に不満が残ります。

しかし、この身長はライト級では大きな武器ですね。