読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

山中慎介の世界戦の豪華なアンダーカード 岩佐亮佑&ブライアン・ビロリア&尾川堅一

▼スポンサーリンク

▼最新記事

岩佐亮佑 3RTKO勝ち グレン・メデュラ(フィリピン)

124P契約(フェザー級)8回戦(2017年3月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20170313154904j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170313154911j:plain

(出典:日テレG+)

岩佐は24戦22勝14KO2敗、27歳のサウスポーです。

メデュラは10戦8勝5KO1敗1分け、フィリピンフェザー級6位の21歳。

岩佐はこれが8か月ぶりの実践となり、しかも世界前哨戦です。

絶対に負けられない一戦です。こういうの、ホント嫌でしょうね。

 

 

Sバンタム級より2ポンド重いキャッチウエイト。やはり少し重いようですね。

スピードもフットワークも、いつもの岩佐ではないように見えました。

しかもリングサイドに、チャンピオンの小國以載が見に来ています。緊張するでしょうね。動きも若干ぎこちない感じです。

 

f:id:stonemeintothegroove:20170313155902j:plain

(なんとなく王者の風格が出てきたような気がしますね)

拳のケガを警戒いているのか、左ストレートも軽く打っている感じです。f:id:stonemeintothegroove:20170313160917j:plain

(2ラウンドに放った軽い左ストレートでメデュラがぐらつく)

それでも、力の差は歴然としており、3ラウンドに左ストレートをヒットすると、

メデュラはあっさりダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20170313161206j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170313161216j:plain

(左ストレートを打ち込むとメデュラはあっさりダウン)

f:id:stonemeintothegroove:20170313161407j:plain

連打を畳みかけると、すぐにレフリーがストップしました。

 

とりあえず絶対に落とせない試合を無事クリアし、さあ、いよいよ小國との世界に挑みます。小國のケガで夏ごろになるようですが、楽しみな一戦です。

ここ一番でどうも力を発揮できない岩佐ですが、いつもの速くて上手い岩佐なら、KOも期待できると思います。今日の出来では、ダメですけどね。

f:id:stonemeintothegroove:20170313161504j:plain

(試合が終わってやっと笑顔に)

 

ブライアン・ビロリア(アメリカ) 判定 ルーベン・モントーヤ(メキシコ)

114P契約(Sフライ級)8回戦

f:id:stonemeintothegroove:20170313163037j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170313163042j:plain

(出典:日テレG+)

ビロリアは43戦36勝22KO5敗2NC、36歳になります。

モントーヤは25戦20勝12KO4敗1分け、31歳。メキシコSフライ級チャンピオンです。

 

ビロリアも114Pは重すぎますね。

モントーヤが一回り大きく見えます。

クリーンヒットではビロリアですが、モントーヤのパワーにかなり押され気味で、ボディブロー以外には、ビロリアの良さはほとんど見られませんでした。

やはりフライ級で戦うことをお勧めします。

 

尾川堅一 判定 杉田聖

日本Sフェザー級タイトルマッチ

f:id:stonemeintothegroove:20170313163326j:plainf:id:stonemeintothegroove:20170313163331j:plain

(出典:日テレG+)

尾川は21戦20勝16KO1敗、29歳。4度目の防衛戦です。

杉田16戦12勝7KO3敗1分け、27歳。日本ランク1位の指名挑戦者です。

2人は11か月ぶりの再戦となります。

前回は9RTKO勝ちで、尾川が初防衛に成功しましたが、杉田の善戦にかなり苦戦した印象があります。

 

www.boxing-blog.com

 

 序盤は杉田が左ジャブでペースを握りました。

尾川は手数が少なく、ジャブの差し合いでも負け、2ランドには杉田のパンチでカットとするハンデも背負う、かなり苦しい立ち上がりとなりました。

4ラウンドから尾川はボディブローで活路を見出し、得意の右ストレートのタイミングもあってきました。

f:id:stonemeintothegroove:20170313164319j:plain

(中盤からようやく尾川の右ストレートが決まり出しました)

杉田は前回同様、回を追うごとに手数が減っていき、完全に尾川にペースを握られてしましたした。

9ラウンドに杉田が勝負をかけて攻勢に出ましたが、尾川も応戦。

10ラウンドにようやく尾川らしい連打が見られ、なんとか追いついたかな、とう感じで10ラウンドのゴングが鳴りました。

杉田は好選手ですが、どうもスタミナに課題が残りますね。

尾川は今回も苦戦しましたが、後半は左ジャブもよく出て、尾川らしい右ストレートをヒット。しり上がりに動きが良くなったことは評価できると思います。