わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

世界最強ボクサーはアンソニー・ジョシュア VSドミニク・ブリージール

▼最新記事

アンソニー・ジョシュア(イギリス)VSドミニク・ブリージール(アメリカ)

IBF世界ヘビー級タイトルマッチ(2016年6月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20160728114200j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160728114207j:plain

(出典:WOWOW)

これが初防衛戦のジョシュアですが、とてもリラックスして、余裕を感じさせます。

16戦全勝16KOのパーフェクトレコード、まだ26歳です。

身長198㎝、リーチ208㎝、こちらもパーフェクトですね。

 以前にも書きましたが、主なヘビー級ボクサーの身長です。

タイソン・フューリー 206㎝

デオンテイ・ワイルダー 200㎝

ウラジミール・クリチコ 198㎝

チャールズ・マーティン 196㎝

デビッド・ヘイ 191㎝

アレクサンドル・ポペトキン 188㎝

ルスラン・チャガエフ 185㎝(180㎝という情報もあります)

 

ちなみにブリージールは201㎝です。

17戦全勝15KO、30歳、IBF9位ですが、前回の試合を見た限りでは、両者にはかなりの力の差がありそうです。

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

力量差が歴然

初回はジョシュアも様子を見て、左ジャブ以外は軽いパンチで距離を測っていました。

f:id:stonemeintothegroove:20160728121452j:plain

(左ジャブのスピードで圧倒)

しかし、2ラウンドに相手の力を見抜くと、ラウンド終盤に左ストレートから右アッパーでブリージールを大きくぐらつかせました。

f:id:stonemeintothegroove:20160728121417j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160728121444j:plain

(左ストレートから右アッパー)

3ラウンドに入ると、もう二人の力量差が歴然としてきました。

パンチのスピードはもちろんのことですが、ジョシュアはブリージールのパンチを見切っていましたから、ほとんどブリージールはジョシュアにパンチを当てることが出来ません。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160728122022j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160728122033j:plain

(ブリージールの左をかわし、左をヒット)

 

一方的展開

ブリージールの表情はさえません。どうしていいかわからないからでしょうね。左から攻めるとカウンターが飛んでくるし、連打の回転の速さも、フットワークの速さも全くかないません。

ジョシュアはまるで格下の相手とスパーリングをしているような感じでした。

6ラウンドを少し流した感じで終わると、7ラウンドに右から左のパンチをヒットし、ロープに詰めて、右ストレートをブリージールの顔面に畳み込みました。

f:id:stonemeintothegroove:20160728123212j:plain

(これがフィニッシュパンチかと思いましたが)

何とか立ってきたブリージールですが、ジョシュアの猛攻にさらされ、とどめの左ストレートを打ち込まれるとたまらずダウン。

すぐにレフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160728123409j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160728123416j:plain

(左ストレートで顔を跳ね上げられると、たまらずダウン)

 

ジョシュアはヘビー級で最強だと思います。

ということは世界最強のボクサーと言えるでしょう。

 

もう一人のイギリス人チャンピオン、タイソン・フューリーは10月ごろウラジミール・クリチコと再戦するようです。

恐らくフェイントの掛け合いで、手数の少ない凡戦になると思います。

ジョシュアは1位のジョセフ・パーカー(ニュージーランド)と対戦するのでしょうね。秒殺しそうな気がします。