セルゲイ・コバレフ 世界4位に格の違いを見せ付け復活の兆し VSイゴール・ミカールキン

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSイゴール・ミカールキン(ロシア)

WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ(2018年3月3日)

f:id:stonemeintothegroove:20180425144110j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180425144126j:plain

(出典:WOWOW)

コバレフは、34戦31勝27KO2敗1分け、34歳。

アンドレ・ウォードに連敗しましたが、ウォードが引退して返上したタイトルを、昨年11月に獲得しています。

ミカールキンは、22戦21勝9KO1敗、32歳のサウスポー。WBO4位。

このミカールキンはアマチュア時代に、あのアルツール・ベテルビエフに3度も勝っています。

ちなみに、コバレフはアマチュア時代には、ベテルビエフに負けています。

10年も前の話なので、この記録からミカールキンの実力を図るのは難しいですね。

 

スキルの差が歴然

コバレフがサウスポーに対して、どう対処するのかが注目されましたが、1ラウンドを終了した時点で、全く苦にした様子はありませんでした。

すでに右の距離はあっています。

前に出るのはミカールキンですが、コバレフは下がりながら左ジャブを的確にヒットし、2ラウンドには早くもペースをつかんだ感じです。

3ラウンドに、流れを変えたいミカールキンが、少し強引に打って出ますが、右のカウンターをヒットさせ、スキルの違いを見せ付けます。

アマチュアで240戦のキャリアがあるミカールキンですが、それにしてはテクニックは今一つですね。

 

中盤から一方的な展開に

ミカールキンが前に出て左を強引に打ち込むと、コバレフの右のカウンターが待っています。待っていると、左ジャブが容赦なく飛んできます。

ミカールキンのパンチを見切ったコバレフは、コンパクトなパンチを上下に打ち分け、完全にミカールキンを圧倒します。

倒すのも時間の問題、と思いましたが、コバレフには、いつものパワフルな攻撃が見られません。

5ラウンドにミカールキンの足が揃ったところへ、コバレフの右ストレートがタイミングよく決まり、ミカールキンが大きくバランスを崩し、ロープに飛ばされます。

f:id:stonemeintothegroove:20180425151022j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180425150931j:plain

 

(それほど強いパンチではありませんが、足が揃ったところへタイミングよくヒット)

バランスを崩した割には、それほどダメージがあるようには見えませんでした。

解説の浜田剛史さんは「効いてますよ」と言っていましたけどね。

 

コバレフの切り裂きパンチ

圧巻だったのは、6ラウンドに放ったコバレフの右ストレートです。

ラウンド終了後にスロー再生されたビデオを見ると、この右ストレートでミカールキンの右目の下を切り裂いていました。

f:id:stonemeintothegroove:20180425151823j:plain

(この右ストレートでミカールキンの右目の下をカット)

7ラウンドの開始のゴングの後、カットした傷のドクターチェックがあり、試合が再開されました。

もう後がないミカールキンは、勝負に出た感じです。

強引に打って出ますが、打ち終わりにコバレフのパンチがヒットし、傷口はさらに広がります。

そして、再びレフリーが試合をとめ、ドクターチェックを要請し、レフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180425153201j:plain

(再度のドクターチェックでレフリーが試合をストップ)

 

この日のコバレフは、豪快さよりもスキルの違いを見せ付けた試合でした。

当て勘、スピード、距離の支配、ディフェンス、すべてにおいて格が違いましたね。

 

バドゥ・ジャックがアドニス・スティーブンソンに勝ってタイトルを獲得した場合、ジャックとの対戦を希望しているようです。

不思議な話ですね。勝った方とやればいいのに。

注目のドミトリー・ビボルとの対戦は来年になるようですが、早くやらないとビボルはまだまだ強くなっていきますよ。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)