速報)「パーフェクトレコードの倒し屋」バージル・オルティスがベテラン世界ランカーを6Rに倒す VSアントニオ・オロスコ(DAZNで生配信)

バージル・オルティス(アメリカ)VSアントニオ・オロスコ(アメリカ)

WBAウェルター級ゴールド王座決定戦(2019年8月11日)

オルティスは、13戦全勝13KO、21歳。WBA6位、WBO5位(いずれもS・ライト級)。

パーフェクトレコードをキープして、世界ランクを上昇中のアメリカ大注目のホープです。

オロスコは、29戦28勝17KO1敗、31歳。WBC10位(S・ライト級)。

唯一の1敗は、昨年9月にWBC王者のホセ・ラミレスに挑戦して、判定負けしたもです。今年の3月に再起戦で判定勝ちしています。ホセ・ラミレス戦→https://www.boxing-blog.com/entry/20181102

王者ラミレスが倒せなかったオロスコをKOできるか

2度のダウンを奪われながら、最後まで粘り切ったオロスコを、倒し屋オルティスが仕留めることができるでしょうか。この試合の焦点はこれに尽きると思います。それと、この試合は、WBAウェルター級ゴールド王座決定戦でもあります。WBA得意の訳の分からないタイトルですが、オルティスはウェルター級に階級を上げるつもりなんでしょうね。

この試合に快勝すれば。WBAウェルター級の上位にンキングされるはずです。となると、キース・サーマンVSマニー・パッキャオ戦で空位になったWBAのレギュラー王座の決定戦に、名前が挙がってくるかもしれません。

試合経過)

どうやらセミファイナルの試合が終わったようですね。予想通りメインのカードは12時過ぎになりそうです。

1R)

オルティスの方が背が高いですね。オロスコは腹回りがビヤ樽みたいな感じです。オルティスは左ジャブを突いて距離をとります。オロスコは体を小刻みに揺すって前に出ます。

そして、早くもオルティスが連打を畳みかけ、オロスコをコーナーに詰めます。しかし、オルティスはやや力みすぎてパンチが雑です。オロスコのボディワークにほとんどのパンチが外されています。

オルティスはロープを背にして、ロングフックをヒットさせます。オロスコも、ボディブローでオルティスを下がらせます。

2R)

この回もオロスコが前に出ます。オルティスは左ジャブを突いて距離をとります。オロスコはしつこく左右のボディブローを放って、前に出ますが、オルティスもボディブローからアッパーを返します。オロスコは、パワーがあってパンチのスピードもオルティスに負けていませんね。

オルティスはロープを背にして、カウンターを狙っていますが、この相手を倒すのは容易ではないでしょうね。

3R)

左ジャブの突き合いは、ほぼ互角です。オルティスが右から返しの左をヒット。オロスコは執拗にボディブローを放ってきます。オルティスは接近すると、うまく上下にパンチを放ちますが、オロスコはボディワークでパンチを殺しています。オルティスは右フックのカウンターを狙ってますが、オロスコのパワーにやや攻めあぐねているように見えます。

4R)

オロスコは相変わらずボディブローを放って、前に出ます。オルティスも接近戦で応戦。距離はかなり詰まってきました。この回はややオルティスがオロスコのパワーに押されている感じです。オルティスも右ストレートをヒットしますが、オロスコの動きは止まりません。

5R)

オロスコが前に出て、距離を詰めます。そこへオルティスがロングのワンツーを放ちます。そして、オルティスは左ジャブを突いて、距離をとります。オロスコの動きはいいですね。ボディワークでオルティスにクリーンヒットを許しません。

終盤、オルティスの左フックがオロスコの顎にヒットしますが、右ストレートはバックステップでかわされます。

6R)

この回はオルティスがやや強めにパンチを放ってきました。左フックがヒットし、返しの右フックでオロスコがやや体勢を崩します。オルティスは少し前かがみになって、連打を畳みかけます。そして、開始から1分弱、オルティスの左ボディブローがダブルでヒットすると、オロスコが膝をついてダウン。やはりビヤ樽のお腹は弱点でしたね。

カウント8で試合が再開されましたが、オルティスが連打を畳みかけると、オロスコはたまらず2度目のダウン。

辛うじてカウント9で試合再開に応じましたが、ここからがしぶとい。オルティスが容赦なく追撃し、右が何度もヒットしますが、オロスコは粘ります。

しかし、2分過ぎ、オロスコの身体が伸びあがってところへ、オルティスのワンツーがヒットし、しりもちをつくようにダウン。レフリーがすぐに試合をストップしました。

これでオルティスは14戦全勝14KOとパーフェクトレコードをキープ。しかも、ホセ・ラミレスが倒せなかったしぶといオロスコを、6Rに3度ダウンを奪って快勝しました。次はおそらく世界戦でしょう。

No tags for this post.

2 Comments

団長

わしボクさん、ご無沙汰しております。
ツワモノ揃いのウェルター級でもかなり喰いこめそうな内容でしたね。個人的には世界戦の前にもう一試合挟んだ方が良いように思いますが、興行的にはわしボクさんのおっしゃる通りになりそうです。それにしても昨日はDAZNでこの試合、ESPNでは五輪連覇のラミレスのデビュー戦で、チャンネルをあっちに行ったりこっちに行ったりと大変な一日でした。(笑)

返信する
わしボク

団長さん、お久しぶりです。
オルティスは、できればウェルター級でもう一試合、試運転をするのが理想だと思います。
しかし、オルティスなら空席を埋める世界戦なら大丈夫でしょう。
それにしても、ラミレスが判定負けするとは、最近、アップセットが多いですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)