テレンス・クロフォードが返上したS・ライト級のNO,1はホセ・ラミレス VSアントニオ・オロスコ

  1. ホセ・ラミレス(アメリカ)VSアントニオ・オロスコ(メキシコ)

WBC世界S・ライト級タイトルマッチ(2018年9月14日)

(出典:WOWOW)

ラミレスは、22戦全勝16KO、26歳。

元スーパースター候補だったアミール・イマムに引導を渡して、タイトルを獲得しています。

テレンス・クロフォードの空席4つの内、ふたつ目のWBCはホセ・ラミレスが獲得 VSアミール・イマム

初防衛戦の相手については、紆余曲折があったようですが、ここでは省略させていただきます。

オロスコは、27戦全勝17KO、30歳。WBC3位。

オロスコの試合を見るのは3年ぶりです。もうその時点で世界ランクの上位に位置していましたが、「わしボク」の評価はあまり芳しいものではありませんでしたね。

このホープはちょっと決め手に欠くかな~ アントニオ・オロスコ

ラミレスは初回からエンジン全開

多彩な左で初回からオロスコを圧倒します。

左ジャブで距離をコントロールし、強烈な左フックをオロスコのボディに叩き込みます。

なかなか距離を詰められないオロスコは、前に出るものの、先にラミレスのパンチが飛んできて、後手後手に回ります。

ラミレスは、こんなハイペースで大丈夫かなと思うほど、エンジン全開で飛ばします。

そして、4ラウンドにお互いのパンチが交錯する激しい打ち合いとなり、連打で打ち勝ち、とどめの右フックを畳み込みダウンを奪いました。

(力で打ち負かしたダウンですね)

オロスコは完全に打ち負けて倒された感じです。

並みのボクサーならここで終わっていたでしょうが、オロスコは恐ろしくしぶといボクサーでした。

最後まで心が折れないオロスコ

5ラウンドに入ってもラミレスは慌てることなく、じっくり攻め立てます。

オロスコもダウンのダメージをほとんど感じさせません。

ラミレスの連打をあびても、時折いいパンチを打ち返し、ラミレスの追撃を阻みます。

ただ、ラミレスもオロスコのパンチをもらったら、倍にして返します。(倍返しだ!古いですね)

8ラウンドのボディブローは、強烈でしたね。

1発目のボディブローは、何とかガードしましたが、ダブルで放った左フックがオロスコのボディをえぐり、苦悶の表情を浮かべて、オロスコがダウン。

やや戦意喪失気味に見えましたが、しぶとく立ってきました。

(オロスコのガードが上に行ったところへ2発目の左フックがボディへヒット)

(戦意喪失気味に見えましたが、心は折れませんでした)

ラミレスの猛攻にも必死で応戦してきます。そして、オロスコの右のカウンターがラミレスをとらえ、この回の追撃から逃れました。

しかし、ラミレスの攻撃は、最後まで衰えることがなく、オロスコも時折いいパンチを返しますが、やはり倍にして返されてしまいます。

ラミレスも最後まで倒しに行きましたが、オロスコの心は最後まで折れることがなく、12ラウンドを乗り切りました。

ラミレスがジャッジ3者とも119-107ので大差で初防衛に成功しました。

ラミレスのボクシングを見ていて、誰かに似てるな~と思っていましたが、全盛期のオスカー・デラホーヤがこんな感じだったような気がします。

ホルヘ・リナレスも岡田博喜も、このラミレスには太刀打ちできないでしょうね。

次は、暫定チャンピオンのレジス・プログレイスとの統一戦ということですが、プログレイスはWBSSの1回戦で、テリー・フラナガンに勝っていますので、恐らく準決勝に駒を進め、WBA王者のキリル・レリクとの対戦を優先するでしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)