3月のプロボクシングの興業がすべて中止に!新型コロナウィルスがついにボクシングにまで波及

予想はしていましたが

2月26日に、ボクシング協会と日本ボクシングコミッション(JBC)が、3月のボクシングの興業をすべて、中止または延期にすると発表しました。

様々なイベントが次々と中止を発表し、学校も3月から一斉に休みになるようですね。とにかく感染力が半端なくすごいので、閉鎖された空間で人がたくさん集まるところは、イベントだけでなく東京ディズニーランドやディズニーシーなどの娯楽施設も休園を発表しています。会社の飲み会もキャンセルが相次いでいるようです。

ボクシング会場も例外ではありませんから、早くから中止の噂はありましたが、「やっぱりね」というところでしょう。ちなみに3月に予定されていた興行数は「15」だそうです。

4月以降は

当面、3月は中止ということですが、4月以降も3月中旬の状況で判断するようです。この1~2週間が、収束するか爆発的に拡大するかの山場だそうですから、一人一人がしっかりとウイルス対策をするしかありませんね。

「わしボク」が注目していた3月のカード

昨日予定されいていたOPBFウェルター級王座決定戦は、万全の対策をとって、何とか行われました。

ドゥラ金子(本多)VS長濱陸(角海老宝石)

期待されていた金子の強打は、長濱のスピードとテクニックに空転させられ、大差の判定負けを喫したようです。

OPBFライトフライ級王座決定戦(3月1日)

冨田大樹(ミツキ)VS堀川謙一(三迫)

新旧対決。富田が勝てば世界が見えてくる魅力的な対戦カードです。

54、5キロ契約8回戦(3月7日)

栗原慶太(一力)VS田之岡条(小熊)

もう、ただただ栗原の豪快なKO勝ちが見たいだけです。

56、0キロ契約8回戦(3月14日)

和氣慎吾(日本)VS横川聡也(ミツキ)

昨年10月に、ジュンリエル・ラモナルに、まさかのKO負けを喫した和氣の再起戦。もう後がありませんね。

そのほか、3月17日に予定されていた重岡優大(ワタナベ)のプロ第3戦。弟銀次朗とともに、世界王者が期待される逸材です。

今さら何を言っても、自然に驚異には逆らえませんから、大人しく海外の試合をWOWOWやDAZNで観戦することにしましょう。まさか、海外も中止なんてことはないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)