⇒井上尚弥の特別番組が3/29放送決定!

アメリカで再起第二戦、ホルヘ・リナレス会心の4RKO勝ち VSカルロス・モラレス

(出典:DAZN)

ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)VSカルロス・モラレス(アメリカ)

ライト級12回戦(2020年2月15日)

リナレスは、51戦46勝28KO5敗、34歳。WBA2位。

元3階級制覇王者。ライト級に戻し、日本で再戦を判定で勝利し、これが再起第2戦です。

モラレスは、27戦19勝8KO4敗4分け、30歳。

ライアン・ガルシアやレネ・アルバラードなどの強豪と対戦しましすが、まだ一度もKO負けがないタフガイです。

試合経過)

(出典:DAZN)

1R)やや不安な立ち上がり

リナレスの立ち上がりが心配ですね。リナレスがプレッシャーをかけて前に出ますが、モラレスは左ジャブを突きながら、距離をとります。リナレスはガードを高く上げて、がっちりディフェンスを固め、速い左ジャブを突きます。モラレスも下がりながら、ワンツーを放っています。

2R)手数でモラレスが上回る

リナレスがややプレッシャーを強めて、前に出ますが、モラレスは自分の距離を保ち、リナレスが接近すると右アッパーを突きあげます。モラレスはリナレスの打ち終わりを狙っていますね。

なかなか手強い相手です。リナレスはプレッシャーをかけるますが、手数ではモラレスが上回っている感じです。下がりながらの、右アッパーは要注意です。

3R)右ショートのカウンターでダウンを奪う

このラウンドも、リナレスがプレッシャーをかけ、前に出ます。モラレスは下がりながら、リナレスの打ち終わりにパンチを放ってきます。リナレスはかなり慎重ですね。プレッシャーをかけるものの、パンチが出ません。打ち終わりにモラレスがワンツーをヒットします。

しかし、ラウンド終盤、リナレスが速い左ジャブを放ち、右のショートがカウンター気味にモラレスの顎をとらえると、モラレスはもつれるようにダウンします。一瞬、スリップダウンかと思いましたが、レフリーはダウンの裁定。立ってきたモラレスは、意外とダメージがありますが、ここはゴングに救われます。

4R)技ありのKO劇

リナレスの右ストレートがヒット。モラレスはまだダウンのダメージが残っている感じです。リナレスは右ストレートを狙っていますね。少しずつ右のタイミングもあってきたみたいです。右ストレートが何度か、軽くモラレスの顔面をとらえるようになってきました。

そして、リナレスが左ストレートをボディにヒットし、返しの右フックがカウンター気味にモラレスの顔面をとらえると、モラレスが2度目のダウン!

かなり強烈にヒットし、モラレスは立ち上がることが出来ません。なんとリナレスが4ラウンドでKO勝ちです。

「わしボク」の節穴の目

まずは感想

メインで登場する、ライアン・ガルシアでさえ倒せなかったモラレスを、見事に倒したリナレス。びっくりしました。全く予想していませんでした。おそらく判定決着だと思っていましたからね。下手をすると、早い回で倒されるかもしれないと。

3ラウンドの右

いつもより慎重なリナレスが、ペースを取り戻したのは、ショートの右ストレートでした。速かったですね。「わしボク」はスリップダウンだと思いましたが、ラウンド終了後のスロー再生で、綺麗に右ショートがモラレスの顎をとらえていました。

リナレスの武器はスピードです。左ジャブも速いですが、やはり倒すのは右ですね。ワシル・ロマチェンコからダウンを奪ったのも、この右ストレートでした。

これで、完全に展開は変わりました。まだダメージの残るモラレスに、テクニカルな左ボディーから右ストレート。見事でしたね。

VSガルシア

リナレスが唯一勝負できるのは、スピードでしょう。相討ち覚悟の右ストレートが決まれば、ガルシアを倒せるかもしれませんが、ガルシアはボディワークが上手いし柔らかいので、大きなダメージを与えることは難しいでしょうね。

逆にガルシアのパンチをもらってしまったら、早い回で倒されてしまうでしょう。今日のガルシアを見ていると、残念ながら、リナレスの勝機はほとんどないと思います。でも、今日のリナレスは、ロマチェンコ戦に匹敵する、素晴らしいファイトでしたね。

2 Comments

団長

わしボクさん、こんにちは。

リナレス完全復活でしたね。3Rの右は私も最初何が起きたのか分かりませんでした。リナレスならではの見事なパンチです。

ガルシアとのファイトは是非とも有望株の壁になってほしいですが、リナレスの打たれ弱さとガルシアの勢いを考えると分が悪いです。でもこの一流のスピードを見せつけてガルシアを慌てさせてほしい!

リゴンドーの現場観戦の様子はTwitter で呟いていますのでお時間のある時にご覧ください。

返信する
わしボク

団長さん、リゴンドーの試合はがっかりでしたね。
リナレスには年齢を考えると、あまり時間がありませんね。年内にはビッグマッチを実現してほしいと思います。
それにしても、ガルシアには驚嘆しました。ライト級は今、一番熱い階級ではないでしょうか。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)