速報)デメトリアス・アンドレイドが9Rにやっと仕留める VSルーク・キーラー(WBO世界ミドル級タイトルマッチ)本日11時からDAZNで生配信!

(出典:DAZN)

デメトリアス・アンドレイド(アメリカ)VSルーク・キーラー(アイルランド)

WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2020年1月31日)

アンドレイドは、28戦全勝17KO、31歳。185cm。

2018年に、ウォルター・カウトンドクワと王座決定戦を行い、大差判定勝ちでタイトルを獲得。これが3度目の防衛戦となります。

キーラーは、20戦17勝5KO2敗1分け、32歳。179cm。WBO3位。

引き分けを挟んで、7連勝中です。わずか5KOはさみしいですね。2014年にTKO勝ちして以来、5年間KO勝ちがありません。

試合経過)

戦前予想

アンドレイドにとっては、ほとんど危険のない相手だと思います。しかし、こういうKO率の低い選手は、噛み合わないことが多く、意外と倒すのが難しい場合があります。しかし、順当なら中盤辺りで、アンドレイドがKOで3度目の防衛に成功するでしょうね。一方的な展開が予想されます。

豪快に倒して、ゴロフキンやチャーロ、村田諒太とのビッグマッチを期待したいですね。

いきなりダウンを奪うが

ファーストコンタウトで、いきなりアンドレイドの左ストレートがヒットし、開始早々、キーラーがダウンを奪われます。ややバランスを崩した感じのダウンで、ダメージはそれほどなく、アンドレイドの雑な攻撃にも助けられ、このラウンドをしのぎました。

しかし、2ラウンド終盤に、またもアンドレイドの左ストレートが顎にヒットし、キーラーは2度目のダウンを喫します。これは早い決着になりそうだと思いましたが、キーラーもなかなかしぶといですね。

左を狙いすぎるアンドレイド

3ラウンド以降も、アンドレイドがプレッシャーをかけ、前に出ますが、あからさまに左を狙いすぎ、さすがにキーラーにタイミングを読まれ、なかなかヒットしなくなります。

しかし、キーラーもこの左が怖くて思い切ったパンチを放てず、攻撃の糸口をつかめません。飛び込んで打つパンチも手打ちで、いずれもアンドレイドのガードに阻まれます。

中盤からようやく左ジャブを

アンドレイドのパンチはいずれも単発で、特に左は完全にキーラーに読まれていますので、いきなり打っても、なかなかヒットしません。

中盤過ぎから、ようやく右ジャブを使うようになり、打てば結構ヒットするのに、どうしても左に固執して、展開を打開できません。

それでも、左ストレートをボディに放つようになると、上へもヒットするようになってきます。

最後は連打

「このまま、判定までいくのかな」と思った9ラウンド。左ストレートのボディが効果的にヒットし、そこから、左が2発軽くキーラーの顎をとらえます。

すかさず、アンドレイドがロープに詰めて連打を浴びせます。しかし、キーラーもしぶとく持ちこたえます。さらに、リング中央でアンドレイドの右ストレートがヒットし、そこから連打を畳みかけ、キーラーがバランス崩してロープに下がったところで、レフリーが試合をストップしました。

何とかTKOで3度目の防衛に成功しましたが、「ミドル級最強!」というには、課題が多すぎますね。破壊力は抜群ですが、攻撃が雑で左ストレートに頼りすぎです。

4 Comments

団長

わしボクさん、こんにちは。
アンドレイドの試合は初めて見たので期待したのですが、ひどい内容でがっかりしました。左のパワーは魅力ですがボクシングIQ的にはあまり見るべきところはなくて、こう言う選手は大嫌いです。(笑) 挑戦者も何が強みなのかよく分かりませんでした。
前座の世界戦2試合も凡戦で、今回は時間を損したと言う感じです。

さて今週末はいよいよ「バンタム級の」リゴンドー登場です。勝てば(おそらく勝つでしょうが)当然井上尚弥選手との対戦に向けた動きが始まるでしょうから大注目野試合。会場で生リゴンドーを見てきます!

返信する
わしボク

団長さん、久しぶりです!
この日のDAZNにはがっかりでしたね。アンドレイドについては、団長さんと全く同感です。
他の2試合も、ブログを書く気になりませんでした。
朝の11時から、4時間、疲れました~
バンタム級のリゴンドーは、楽しみですね。ところで、団長さん、ホントにアメリカへ行くのですか?

返信する
団長

わしボクさん
はい、ホントに行きます。と言うか会場からそれほど離れていない所がメインの居住地でして。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)