速報)モルティ・ムザラネVS八重樫東(IBF世界フライ級タイトルマッチ)八重樫9RTKO負け

モルティ・ムザラネ(南アフリカ)VS八重樫東(大橋)

(出典:フジテレビ)

IBF世界フライ級タイトルマッチ(2019年12月23日)

ムザラネは、40戦38勝25KO2敗、37歳。3度目の防衛戦。

過去2回の防衛戦は、いずれも日本人相手でした(坂本真宏、黒田雅之)。

八重樫は、34戦28勝16KO6敗、36歳。IBF14位。

元3階級制覇王者。2017年、ミラン・メリンドにまさかの1RTKO負けを喫してからは、3連続KO勝利中です。

試合経過)

八重樫には、誠に失礼ですけど、さっさと負けて、寺地の試合が見たいですね。寺地の4RKOなら、見応えも十分です。八重樫さん、だらだらと判定決着だけは勘弁してほしいですね。

1R)ムザラネのパワー

ムザラネが前に出ます。八重樫は距離をとって、フットワークで応戦しますが、やや押され気味です。

2R)ムザラネのプレッシャー

ムザラネがプレッシャーを強めてきましす。八重樫はフットワークで、応戦しますが、かなり押されています。

3R)八重樫がボディブローで応戦

ムザラネのプレッシャーが強くなってきました。八重樫もボディブロデーで応戦しますが、パワーでムザラネが優っています。

4R)八重樫のボディブロー

八重樫が左ジャブで距離をとります。八重樫がボディブローで勝負にでましたが、ムザラネも長いワンツーで応戦していきます。

5R)ムザラネのワンツーが重い

ムザラネのパンチが重いですね。八重樫はボディブローでムザラネを追いつめますが、ムラザネも重いパンチを返してきます。

6R)ムザラネのパワー

パワー勝負なら、八重樫は不利ですね。

八重樫が前に出てパンチを放ちます。しかしムザラネも重いパンチを返してきます。スタミナ勝負なら、八重樫にも勝機があるかも。

7R)ムザラネのガードが堅い

八重樫がボディ攻撃で前に出ます。しかしムザラネのワンツーがヒット。ムザラネのガードが堅く、なかなか八重樫もクリーンヒットが奪えません。

8R)八重樫、ボディが効いた

ムザラネが攻勢に出て、八重樫が防戦一方になります。かなりダメージがありますね。左ボディが効いた!しかし、ムザラネも一気に攻勢をかけません。

9R)

八重樫がペースを取り戻そうと、積極的に打って出ます。しかし、ムザラネのワンツーは重い。残り30秒、ムザラネのワンツーがヒットし、八重樫の上体が崩れます。そして、さらに、連打にさらされた八重樫をレフリーが抱き合変えるようにストップしました。

ムザラネが9RTKO勝ちで、防衛に成功しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)