年末ボクシング観戦記・その2(村田諒太、八重樫東、ホルヘ・リナレス)

 

 

◆ミドル級ノンタイトルマッチ:村田諒太VSジェシー・ニックロウ

 


ボクシング:村田諒太が6連勝 「成長していると思う」 – 毎日新聞

 
 
がっかりなのは、村田です。相手のガードが堅いのはわかりますが、それにしても、パンチの切れがなさすぎますね。たしかに完全に守りに入った選手を倒すのは大変ですが、そこを倒してこそ世界上位を目指せると思います。
 
それと、世界ランカーに勝ったこともないのになぜ村田は世界9位なんでしょうか?
 
オリンピックの金メダルとプロの世界ランクは別ものですから、安易にランク入りするのはどうにも気に食わないですね。
 
 

◆WBC世界フライ級王座決定戦:八重樫東VSペドロ・ゲバラ

 


八重樫KO負け 3階級制覇ならず/詳細 – 格闘技ニュース : nikkansports.com

 
八重樫は不甲斐なかったですね。勝てるとは思いませんが、ボディーでKOされるとは…
 
フライからライトフライはやっぱり無理がありました。動きも悪かったし、かといってフィジカルで問題のあるフライに戻るのもねえ。もう引退ですか。
 
 

◆WBC世界ライト級王座決定戦:ホルヘ・リナレスVSハビエル・プリエト

 


ホルヘ・リナレスが4R1分50秒KO勝ちで3階級制覇 – ライブドアニュース

 
八重樫がKO負けしたおかげで、ホルヘ・リナレスの試合が見られました。
 
八重樫ありがとう!
 
勝つとは思っていましたが、予想以上の完勝でしたね。ただ、相手が世界2位というのはちょっと腑に落ちません。戦績も戦力も世界ランカーとは思えない感じがしました。
 
正念場は、次の正規王者オマール・フィゲロアとの統一戦ですね。
 
ズバリ!KO負けでしょう。
No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)