⇒井上尚弥の特別番組が3/29放送決定!

速報)寺地拳四朗が4RKO勝ちで7度目の防衛に成功 VSランディ・ぺタルコリン(WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ)

寺地拳四朗(BMB)VSランディ・ぺタルコリン(フィリピン)

(出典:フジテレビ)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年12月23日)

寺地は、16戦全勝9KO、27歳。7度目の防衛戦。

リングネームを「拳四朗」から本名の寺地拳四朗に改めています。

ぺタルコリンは、35戦31勝23KO3敗1分け、27歳のサウスポー。WBC14位。

当初は、IBF王者のフェリックス・アルバラード(ニカラグア)と統一戦を行う予定でしたが、アルバラードの病気により、急きょぺタルコリンとの防衛戦に変更となりました。ぺタルコリンは、昨年10月にアルバラードとIBF王座決定戦を行い、7RTKO負けを喫しています。

試合経過)

王座統一戦が防衛戦に変更なったため、寺地の試合が格下げ?されて、第一試合になりました。従って、残念ながら生中継はされません。八重樫か村田の試合が早く終われば、ダイジェストで放送されるかもしれませんね。

ネームバリューで八重樫に軍配が上がったのでしょうが、「わしボク」としては、寺地の試合を生中継してほしかったな~。

1R)距離の測り合い

拳四朗が、左ジャブを突いて、間合いを図っています。そして、じわじわと前に出てプレッシャーをかけます。

3R)右ボディストレートで3度のダウンを奪う

拳四朗が少しずつ間合いを詰めてきましたね。右ストレートの距離が合ってきた感じです。おっと、拳四朗のボディブローで早くもぺタルコリンがダウンしました。かなりダメージがある感じです。そしてさらに拳四朗の右ストレートで2度目のダウン。そして、終盤、右ストレートで3度目のダウンを奪いました。

4R)最後は左ボディブロー

ぺタルコリンが必死の応戦を試みますが。拳四朗のボディブローで動きが止まります。そして、今度は左ボディをヒットすると、ぺタルコリンは立ってきませんでした。

4RKO勝ち。文句なしの完勝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)