速報)村田諒太VSエマヌエーレ・ブランダムラ WBA世界ミドル級タイトルマッチ 8RTKO勝ちで初防衛に成功!

村田諒太(帝拳)VSエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2018年4月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20180416110533j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180416110539j:plain

(出典:フジテレビ)

村田は14戦13勝10KO1敗、32歳。アッサン・エンダムから奪ったミドル級のタイトルの初防衛戦です。

ブランダムラは29戦27勝5KO2敗、38歳。

試合が決まってから、WBAのランキングが10位から8位にアップしましたが、IBFとWBCでも7位ランクされていたのに、姿を消しています。

まるで、負けるのを予想したかのようですね。

 

勝って当たり前の試合も、村田にとっては嫌なものだと思いますよ。

ブランダムラのクリンチ戦法に巻き込まれ、ペースを乱して体力を消耗するという事態に出もならない限り、中盤にはKOしてくれるでしょう。

 

試合経過)

比嘉の試合が終わってからですが、恐らく9時ぐらいに始まると思います。

比嘉の試合が早く終わっても、試合開始時刻が繰り上がることはないでしょう。

 

村田の表情はいつも通り。いいですね。

1R)

日本では、ジミー・レノン・ジュニアも、チャンピオンから先に紹介します。

村田が早くもプレッシャーをかけて、前に出ます。

ブランダムラも手数で応戦します。

パンチの威力は村田が上ですね。ボディストレートがいいです。

2R)

村田は右を思い切って振っていきます。

早くも相手のパンチを見切った感じですよ。

しかし、ブランダムラの細かいパンチをもらってはいけません。

ブランダムラは手数だけは多いですね。

3R)

ブランダムラはなかなかうまいボクシングをしますね。

隙を見て、軽いパンチをヒットしてきます。

これを捕まえるのは大変かもしれません。

完全にペースは村田ですが、ブランダムラの手数の方が、ポイントになるかもしれません。

村田が終盤、かなり強い右を打ち込みます。

4R)

ガードの上からでも村田は打っていった方がいいですよ。

相変わらずブランダムラの手数は多いですね。

下がりながら、結構パンチを返してきます。

少し、村田はは力みすぎかな。

5R)

村田のプレッシャーが強くなりました。

しかし、ブランダムラはうまくパンチを返してきます。

クリーンヒットをなかなか許しません。

村田は少してこずっていますね。

ボディブローが効果的。

6R)

右ストレートを打ちますが、ブランダムラはディフェンスが上手いですね。

なかなかクリーンヒットを許しません。

しかし、終盤、村田の右ストレートが結構ブランダムラをとらえたようです。

7R)

完全にペースは村田です。

しかし、ブランダムラの動きは止まりませんね。

パンチをうまく殺すテクニックはなかなかのものです。特に村田の右ストレートはしっかりガードしています。

この回はやや、ブランダムラの手数がやや減ったかな。

8R)

この相手を倒すのはや変でしょうね。

パンチを殺すのが上手い。

そして、油断すると、軽いパンチを返してきます。

ブランダムラがカウンターを狙いだしましたね。

左ボディが効いた感じです。

ブランダムラの手が止まってきた感じですね。

 

終盤に一気に村田が攻勢に出ます。

右ストレートを強引に打ち込み、ブランダムラが防戦一方になります。

f:id:stonemeintothegroove:20180416110637j:plain

(右ストレートがブランダムラのガードをやぶる)

そして、村田の右フックがブランダムラの顎をとらえ、ついにダウンう奪いました。

f:id:stonemeintothegroove:20180416110746j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180416110757j:plain

(右ストレートがフック気味に、ガードの隙間にヒット)

何とか立ってきましたが、レフリーが試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180416110910j:plain

(ロープにもたれかかるようにダウン)

村田がTKOで初防衛に成功しました!

さあ、次はゴロフキンだ!

No tags for this post.

8 Comments

まんじろう

なんとももどかしい試合でしたね。
逃げるばっかりの相手に、何を攻めあぐねてたんですかね。
半分冗談ですが、放送時間と勝利インタビュー時間を考えて試合を終わらしたんじゃないかと思いましたよ。
今日の感じではゴロフキンにはまだまだでしょう。
とりあえず、無名の相手はもういいので、レミューやジェイコブスあたりとやってほしいです。

返信する
stonemeintothegroove

まんじろうさんと同じ思いのファンは多いでしょうね。
私は途中で倒すのを諦めました。
それでも最後に仕留める辺りは、プロですし、人気も出ますね。口も上手いですし。
レミューなら勝てると思います。
それより、次は井上です!

返信する

あまりにもつまらないので村田の試合を7Rで見るのを止めてしまったw
まさかのKO決着。動画を確認しましたけど、やっぱりつまらない終わり方で一安心。村田はパンチの種類が少ないので攻撃が単調ですよね。また相手を絶対にKOでとの気持ちが薄い選手だと思います。
本人はゴロフキンを目標にしてますが、村田のディフェンス重視のポイント稼ぎ+ナチュラルの破壊力でなんとかなるかもしれません。そして万が一にも買っちゃうと、世界一つまらない統一王者が誕生するかもしれません。

返信する
stonemeintothegroove

jさん、村田には厳しいですね。
確かに村田の攻撃は単調でしたね。
ほぼ、左ジャブと右ストレートだけですから。
でも最後のフック気味のストレートは「技あり」だと思います。

返信する
通りすがり

この階級で日本人が戦うには、これしかないと言う攻防分離スタイル
村田のボクシングはスマートではありませんが、よく作られていると思います
このクラスでは結構見ることのあるストレート的な軌道から引っ掛けるようなフックも上等で
超一流ではありませんが、まずまず世界基準
よくやってると思います
ゴロフキンとやるからには、このスタイルしかないでしょう

返信する
stonemeintothegroove

通りすがりさん、村田については賛否両論ですね。
軽量級と中量級では、求められるスキル、パフォーマンスが違うのでしょう。

返信する
ボクシングマニア

日本のボクシングメダリストはどうにも不器用なボクシングをしますね
普通アマ上がりのエリートというのはテクニカルなボクシングをするはずなんですが(笑)
村田もそうですが、特に清水聡のスタイルは長年ボクシングを見てきましたがほんと訳が分からんですよ。あれじゃ到底世界は無理だろうって思うんですけど、スパーリングをした相手からすると化物じみた強さらしいので…意外と世界を取っちゃうかもしれませんねぇ(笑)

返信する
stonemeintothegroove

ボクシングマニアさん、コメントありがとうございます。
WOWOWでクルーザー級のムラトガシエフの試合を観ましたが、メチャクチャ上手いですし、パンチ力も破格でした。ベテルビエフより好きになりそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です