速報)井上尚弥VSノニト・ドネア(WBSSバンタム級決勝戦)井上が出血のピンチを乗り越え判定勝ち!

井上尚弥(大橋)VSノニト・ドネア(フィリピン)

(出典:フジテレビ)

WBAスーパー・IBF世界バンタム級タイトルマッチ(2019年11月7日)

尚弥は、18戦全勝16KO、26歳。WBA・IBF王者。

WBSSトーナメントを、いずれも圧勝で決勝に駒を進めています。「わしボクPFP」1位のモンスターです。

ドネアは、45戦40勝26KO5敗、36歳。WBAスーパー王者。

WBSS初戦は、相手のケガでTKO勝ち。準決勝も本来の相手のゾラニ・テテがけがで出場できず、代役に勝って決勝に駒を進めています。ネームバリューは文句なしですが、バンタム級での実力は未知数です。

試合経過)

ドネアの表情は、ホントに余裕が感じられますね。しかし、井上も自信にあふれた表情をしています。

1R)

さあ、緊張のファーストコンタクト。

お互い様子見です。ドネアが前に、井上はまだ距離をつかんでいないようです。ドネアの動きはかなりいいですね。

2R)

ドネアの動きはいいですよ。しかし、井上の左フックで、ドネアが大きく体勢を崩しました。井上にやや余裕が見えていきましたが、ドネアの左フックで井上の左目にまさかの出血が。(井上談:この後、ドネアが二人に見えました)

(ドネアの左フックに耐えられた井上も打たれ強い)
(警戒していた左フックをまとももらいました)
(ここから井上の苦戦が始まる)

3R)

ドネアが前に出てきました。井上の左ジャブがどうもまだ距離が合っていません。出血のせいかもしれません。この回はドネアが攻勢です。

4R)

井上がパワー負けしている感じです。井上の左フックが当たり出しました。しかし、まだ力みがある感じです。ドネアの調子が抜群いいいですね。

5R)

井上が少し攻めあぐねていますね。しかし、終盤、井上の右フックでドネアの動きが止まります。そこからドネアをロープに詰めて連打をあびせます。

6R)

今日の井上は慎重ですね。井上がワンツーをヒットしますが、ドネアも応戦します。スピードではやや井上ですが、ドネアもボディワークでパンチをうまく殺している感じです。

7R)

ドネアの動きがまた戻ってきました。ドネアがワンツーを打ち込んできます。お互いに間合いを図って、一発を狙ってます。

8R)

左ジャブの差し合いは井上の方が速いですが、ドネアのパワーは衰えません。いつもほど井上のパンチに、威力がないよな気がします。井上の出血もまた気になります。これほどパンチをもらう井上も珍しいです。

9R)

ドネアに余裕が見えます。やはりうまいですね。井上の左ジャブの打ち終わりに、ドネアの右フックがヒット。井上の身体だ大きく泳ぎます。

(強烈な右ストレートです)

井上、まさかのピンチをクリンチでしのぎます。

(井上がクリンチで逃げる)

どうも井上の距離感が悪いですね。鼻血を出した井上を見たのは初めてです。

10R)

井上がワンツーをヒット。ドネアはその打ち終わりを狙ってきます。やはり、井上の調子はおかしいですよ。終盤、井上の右フックでドネアの動きが止まりました。

11R)

井上の足に異変か。井上が攻勢をかけます。井上の右フックからの返しの左フックがドネアのボディをえぐります。

(このボディブローで何人もの強豪を倒しています)

ドネアが背を向けてリングを回るようにしてでダウン。

(我慢せずダウンを選択したドネア)
レフリーのカウントがちょっと遅い)

立つな!しかし、レフリーのロングカウントに助けられ、ドネアがカウント9で立ってきました。しかし、ドネアもしぶといですね。井上も攻め切れません。

12R)

まさかの、12ラウンド。井上の左右のパンチがヒットしますが、ドネアは前に出てきます。いや~ドネアはしぶといですね。まだ、攻めてきます。井上のパンチにいつもの破壊力はありません。

判定は、井上の勝利です。いや~苦しい戦いでしたね。(114-113、117-109、116-111)の3-0です。

No tags for this post.

12 Comments

j

序盤の目のカットで井上負けるんじゃないかひやひやしましたが、ドネアも井上も最高の試合をやってくれて、ありがとう!!!
それにしてもドネアの壁は高い。全盛期のドネアと井上ならドネアが勝つんじゃないかと。ドネア並みのハードパンチャー相手だと懐に潜りこんで左ボディーが打てないって事も分かったので、これからの課題も見えた試合。本当に面白かったです。

返信する
わしボク

jさん、結果は判定でしたが、中身の濃い素晴らしい試合でしたね。
友人とも話したのですが、テレビで見る限り、ドネアの方がかなり大きく見えました。
井上がこれ以上階級を上げるのは、あまり賛成できないですね。
ドネアのタフネスにも驚きましたが、井上の打たれ強さも証明されましたね。

返信する
団長

わしボクさん、こんにちは。

いや〜、凄い試合でした。途中どうなるかと思って胃が痛くなりましたよ。こんな試合も久しぶりです。特に8Rが始まる前、井上選手がセコンドに、「眼が見えないから」と言っていて、生放送ではそこまでしか聞こえず、案の定8R、9Rは攻め込まれ息が詰まりました。あとで録画をじっくり観たら、「眼が見えないから、もう一ラウンドね。」と言っていたんですね。つまりは試合後のインタビューにあるように、目の回復を狙って7−8Rはポイントを失っても良いから休むラウンドにしたと。あの状況でそこまで考えられるって恐ろしいです。まあ、9Rのピンチは計算外だったでしょうが。

それと今回の試合を観てドネア選手が指摘していた井上選手の弱点が分かったような気がします。多分、バンタムに上げてからまだ揉まれたことがない、ってことじゃないでしょうか? ドネア選手はそこを突いて体格も活かして強いパンチを打ち込んできました。凄かったです。敬服。 でももし私の推察が正しいとすると、これで弱点を克服しましたね

次はTR傘下での米国での試合となります。井上選手が今回以上のモチベーションを持てるカードを組んでもらいたいものです。

返信する
わしボク

団長さん、見ていてホントに疲れました。
9ラウンドのピンチを乗り越え、11Rに得意の左ボディでダウンを奪ったのはさすがです。
ドネアもこのまま我慢するか、ダウンして休むかを瞬時に考えたようです。
とにかく、各ラウンドに駆け引きがあり、ピンチでも井上は冷静だったんですね。
それにしても、ドネアがここまでやるとは、思ってもいませんでした。恐れ入りました。

返信する
jijy

激闘でした。死闘と言っても良いほどの。
7~8ラウンドについて、井上選手は意図的にペースを落としたそうです。試合後のインタビューで「そこまでのラウンドでポイントは取っているだろうという計算があった。7、8回は捨てるラウンドにして、そのあとのラウンドでしっかり(ポイントを)とろうと」とコメントしていました。
トップランク社と契約して、本格的にアメリカ進出しますが、2020年3月頃に予定されている試合が早くも楽しみです。
ドネアとの今回の試合は、今後の大きな資産になりましたね。

返信する
わしボク

jijyさん、コメントありがとうございます。
7~9ラウンドは、きっちりポイントを取られていましたね。
あま、ドネアが二人いたら(見えたら)、一人になるまで待った方がいいですよね。

返信する
匿名

騒がれてる井上尚弥だったからドネアも相当仕上げてきたんだろうなと思う
ドネアの頑張りのおかげで良い試合になったね

返信する
わしボク

匿名さん、コメントありがとうございます。
私も、ドネアの仕上がりの良さに驚きました。
前半で井上のKO勝ち、と予想していましたが、見事に外れてしまいました。

返信する
ななし

井上選手がドネア戦で眼窩骨折、鼻も骨折したとの事です
全盛期のドネア選手のパンチ力じゃなかったのが不幸中の幸いでしたね

返信する
わしボク

ななしさん、コメントありがとうございます。
いや~驚きました。ドネアの破壊力もすごいと思いますが、最後まで戦った井上もすごいですね。

返信する
パンチャーファン

 おひさしぶりです。
当方の予想では7:3で井上。
オッズが1.1倍とかディープじゃないんだから アホかと思っておりました。
やっぱ ドネア強かったと。
ところがどうでしょう。骨折してこの戦いができるとは
ヒクソンを思い浮かべた方も多いのでは。
 井上はとんでもなく強い。

返信する
わしボク

パンチャーファンさん、コメントありがとうございます。ドネアの左フックは最後まで怖かったですね。井上の冷静さには舌を巻きます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)