キューバのヘビー級ホープ、フランク・サンチェスがTKO勝ちで無敗をキープ VSビクトル・ビスバル

フランク・サンチェス(キューバ)VSビクトル・ビスバル(プエルトリコ)

(出典:WOWOW)

NABO北米ヘビー級王座決定戦(2019年8月31日)

サンチェスは、13戦12勝10KO1NC、27歳。

プロ13戦無敗のキューバのホープです。身長193㎝、リーチ198㎝。

ビスバルは、26戦23勝17KO3敗、39歳。WBO暫定中南米王者。

14年のキャリアを持つプエルトリコの強打者です。身長193㎝、リーチ198㎝。

試合経過)

身長リーチは同じですが、体重は100キロのサンチェスに対して、ビスバルは125キロもあります。ちょっと太りすぎですね。

1R)サンチェエスのスピードは中慮級並み

サンチェスは、動きにスピードがありますね。思い切って打つサンチェスの右がビスバルにヒットします。完全にクリーンヒットしていませんが、かなり威力がありそうです。それにしても、サンチェスの動きは中量級のような俊敏さがありますね。

2R)サンチェスがスピードで圧倒

サンチェスの右のタイミングが合ってきた感じです。ビスバルのトランクスが下がって不細工ですね~。ラウンド中盤、サンチェスの右のストレートがビスバルの顔面にヒットしました。ビスバルはカウンターを狙っていますね。

3R)サンチェスの右ボディブローがヒット

サンチェスはあまり左ジャブを打ちませんね。結構、いきなりの右ストレートを打ち込みます。その右ストレートがビスバルのボディにヒットしました。サンチェスは、軽く左をついて、踏み込んで右ストレートを打ち込みます。

4R)じっくり攻めるサンチェス

サンチェスが左をついて、思い切って右ストレートを打ち込みます。この回は少し左ジャブを使うようになってきました。右ストレートのタイミングを計っている感じです。終盤、サンチェスの右の連打がヒットしました。ビスバルはヨタヨタしながらコーナーに戻ります。

(この右が効いたようですね)

そしてどうやら、コーナーに戻ったビスバルが、ギブアップしたようです。心が折れたましたね。サンチェスの4RTKO勝ちです。

なかなか楽しみな選手が出てきましたね。イギリスのジョー・ジョイスより将来性がありそうな気がします。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)