ボクシング観戦記(海外編)

木村翔は、大差判定負けでタイトル獲得に失敗 VSカルロス・カニサレス(WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ)

カルロス・カニサレス(ベネズエラ)VS木村翔(青木)

(出典:WOWOW)

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(2019年5月26日)IN中国

カニサレスは、22戦21勝17KO1分け、26歳。

唯一の引き分けは、2016年に田口良一の持つWBA世界ライトフライ級に挑戦した時のものです。2018年に小西伶弥と王座決定戦を行い、判定でタイトルを獲得しています。今回が2度目の防衛戦となります。

木村は、22戦18勝11KO2敗2分け、30歳。WBA2位。

1階級下げて、世界に挑戦します。中国では2戦して負けなしですが、やはり1階級落としてのいきなり世界戦は、かなり厳しい試合になると思います。

前進あるのみの木村だが

木村が積極的に前に出てプレッシャーをかけます。カニサレスは足を使って応戦します。先にパンチを打つのはカニサレスで、木村はやや後手を踏んでいます。パンチの精度もチャンピオンですね。序盤の木村はまだ、距離が合っていない感じです。カニサレスはフットワークを使いながら、上下にパンチを打ち分けます。木村はボディブローを狙っています。

木村は強引に前に出て、パンチを放ちますが、なかなかカニサレスの速い動きについていけません。木村のボディブローもヒットしますが、手数、パンチの正確性ではカニサレスが上です。

4ラウンドあたりから、木村らしいボクシングで、チャンピオンを追いつめますが、カニサレスも思い切りのいいカウンターを放ってきます。木村に、1階級下げた影響はほとんど感じませんね。

中盤からようやく木村らしさが

中盤は同じような展開が続きます。前に出るが手が出ない木村、フットワークを使い下がりながらパンチを放つカニサレス。6ラウンド終盤に、カニサレスのカウンターがヒットし、木村の動きが一瞬止まります。

7ラウンドには、木村のボディブローが完全に読まれて、カニサレスのカウンターが強めにヒットし出します。しかし、8ラウンドは木村が盛り返します。残念なのは、ボディーブローに固執して、上下の打ち分けがないことですね。

終盤になってカニサレスが倒しに来た

木村は、終盤になっても前に出てパンチを放ちますが、打ち終わりにカニサレスにパンチを返されます。木村のボディもかなり効果的ですが、カニサレスの手数が上回ります。

10ラウンドは、カニサレスの強いパンチがかなりヒットし、木村が下がるシーンもあり、さすがの木村も疲れが見え始めます。終盤は、カニサレスが足を止めて、強いパンチを放つようになります。木村の攻撃の手が止まると、カニサレスが前に出てパンチを放ちます。明らかに倒しに来ていますね。それでも木村は最後まで前に出てパンチを振り回します。素晴らしいファイトです。しかし、ボクシングスキルは、カニサレスが一枚上手でした。

判定は、3-0(119-109,119-109、118-110)の大差で、木村はタイトル奪取に失敗しました。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)