セルゲイ・コバレフがダイレクトリマッチでしぶとく返り咲く VSエレイデル・アルバレス

セルゲイ・コバレフ(ロシア)VSエレイデル・アルバレス(コロンビア)

(出典:WOWOW)

WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ(2019年2月2日)

アルバレスは、24戦全勝12KO、34歳。

待たされて待たされて、やっとコバレフがくれたチャンスを、見事に生かしたアルバレス。今度はアルバレスがチャンスを与えたようです。

コバレフは、36戦32勝28KO3敗1分け、35歳。WBO5位。

まさかのKO負けで王座から陥落したコバレフには、もう後がありません。このダイレクトリマッチにすべてをかけます。

どうしても勝ちたかったコバレフ

前出てプレッシャーをかけるのは、いつものコバレフと同じですが、そこからが違っていました。パンチが軽くコンパクトで、打ち終わりを狙うタイプのアルバレスは、おそらく戸惑ったことででしょう。

アルバレスの固いガードの上をポンポンとパンチを放ち、アルバレスの右のカウンターは完全に封じられます。コバレフの作戦はおそらく、「手数で勝負、KOは狙わない」ということでしょうね。

何とか打開しようと、アルバレスも強引に打って出ますが、長くは続かず、ポンポンと打つコバレフの手数が、アルバレスの攻勢を阻みます。

こんなコバレフはいらない

見事な安全運転で、後半のスタミナ切れも難なく乗り切り、アルバレスはなすすべなく12ラウンドを空回りして終わります。コバレフらしさを見せたのは、最終12ラウンドの残り30秒ぐらいでしょうか。

アルバレスは、相手が出てこないと力が出せないボクサーですから、コバレフの作戦に全く力を出すことなく、みごとに不完全燃焼を強いられましたね。

なんともつまらない試合経過ですので、詳細は割愛させていただきます。

判定は3-0(116-112.116-112.120-108)でコバレフがタイトルを奪回しました。120-108はどうかと思いますね。「わしボク」は117-111でした。

それはともかく、こんなコバレフが戻ってきても、面白くもなんともないです。「よっぽど勝ちたかった」のでしょうが、なんとも卑怯な作戦でしたね。他団体との統一戦がどうの、と言ってましたが、もう一度アルバレスと、「真向勝負」をしてほしいと思います。こんな、コバレフはいりません。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)