ボクシング観戦記(海外編)

リチャード・コミーの強打が爆発し王座獲得 VSイサ・チャニエフ(IBF世界ライト級王座決定戦)

リチャード・コミー(ガーナ)VSイサ・チャニエフ(ロシア)

(出典:WOWOW)

IBF世界ライト級王座決定戦(2019年2月2日)

コミーは、29戦27勝24KO2敗、31歳。IBF1位。

2016年にロバート・イースターJRとIBF王座決定戦を行い惜敗し、デニス・シャフィコフにも2-1の判定で連敗を喫していますが、昨年3月にアレハンドロ・ルナにTKO勝ちして、IBFタイトルへの挑戦権を獲得しています。

チャニエフは、14戦13勝6KO1敗、26歳。IBF3位。

マイキー・ガルシアがタイトルを返上したため、3位のチャニエフと決定戦を行うことになりました。

パンチ力の差

勝敗を分けたのは、パンチ力の差でしたね。序盤のチャニエフの動きは決して悪くはありません。パンチもKO率の割には重そうに見えました。

しかし、お互いのパンチが同時にヒットした時、その効果は歴然としていましたね。そこからコミ―が一気に攻勢に出ます。そして、コミーのワンツーがチャニエフの顎をきれいにとらえ、チャニエフが仰向けにダウンします。

(右ストレートがジャストミート)
(立てないと思いましたね)

左ジャブで距離を図り、右ストレートを打ち込んでいます。解説の西岡さんも「パンチが一番効く距離ですね」。

辛うじて立ってきたチャニエフのダメージは深刻です。なんとかゴングに救われたチャニエフですが、コーナーに戻る足取りはヨレヨレです。これはアカンでしょ。

2ラウンドは不要ですね

開始早々、コミーの左フックでチャニエフは尻もちをつくようにダウン。もうここで止めても良かったですね。

立ってきたチャニエフにコミ―が襲い掛かります。 頭を下げほとんど防御姿勢をとれなくなったチャニエフに、レフリーが割って入ります。が、最後のコミ―の右アッパーがチャニエフの顎をとらえダウン。

(頭を下げてほぼ防御姿勢をためたなくなったチャニエフ)
(レフリーが割って入ろうとしたところへとどめのアッパーがヒット)

世界戦でなければ、2ラウンドはなかったかもしれませんね。1ラウンドでもう勝負は決していましたから。ファンとしては、ガンガン倒すシーンを見られるのは爽快ですが、やはり選手の健康を考えると、せめて2ラウンドの最初のダウンでストップしてもよかったと思います。

試合後、コミーもダンスを踊っていましたね。それはともかくとして、このコミーもロマチェンコにとっては、かなり危険な相手かもしれません。とりあえずはまず、イースターに借りを返す方が先でしょう。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)