ボクシング観戦記(日本人編)

A級昇格のホープが揃ってKO勝ち 高橋拓磨&南出仁

高橋拓磨(ワールドスポーツ)

(出典:日テレG+)

高橋拓磨(ワールドスポーツ)VSジョネル・ダビドラン(フィリピン)

ウェルター級8回戦(2019年3月2日)

高橋は、2戦全勝2KO、25歳。B級ライセンスを取得し、その後6回戦で2勝して、A級に昇格しています。

(Ⅽ級ライセンスの場合は、4回戦で4勝すればB級に昇格します。アマチュアで実績がある場合は、高橋のように、B級からキャリアをスタートする場合が多いですね。6回戦で2勝すると自動的にA級に昇格し、8回戦を行うことが出来ます。)

ジョネル・ダビドランは、13戦10勝6KO3敗、21歳。フィリピン5位。

1ラウンドにコンビネーションブローであっさりKO

ダビドランの方が、がっちりした体つきをしていますね。いかにもパワーがありそうです。高橋はやや体に余裕がある感じで、「わしボク」的には、S・ライト級の方がいいような気がしました。

ダビドランが前に出てプレッシャーをかけますが、高橋はこれを柔らかくかわし、フットワークと左ジャブで自分の距離をキープします。そして、開始わずか1分。高橋がダビドランをロープに詰めて、アッパーから左フック、そしてとどめの右ストレートであっさりダビドランがダウン。立ってきたものの、ダメージが大きくレフリーがカウントアウトしました。


(この左フックが効きましたね)
(無防備になったところへ右ストレート)

シャープなパンチではありませんが、重そうですね。前の試合でダウンを喫しているそうですから、決して打たれ強くはないでしょうね。長丁場でのディフェンスにやや不安が残りますが、1年後には日本タイトルを獲れるだけのパンチ力はあります。

南出 仁

(出典:日テレG+)

南出仁(セレス)VSマージュン・パンティルガン(フィリピン)

バンタム級8回戦(2019年3月2日)

南出は、2戦全勝、23歳。2戦はすべて1RKO勝ちです。

パンティルガンは、25戦18勝14KO7敗、23歳。フィリピンS・フライ級4位。

南出が手数で圧倒

ゴングと同時に南出がラッシュを仕掛けます。小柄なパンティルガンは早くもロープにくぎ付けにされますが、ガードを固めて南出にクリーンヒットを許しません。パンティルガンはこれまで、一度もダウン経験のないタフガイです。日本で2戦していますが、いずれも判定負け(川浦龍生、橋詰将義)。ちなみに2人とも日本ランカーです。

さすがにこの相手を1ラウンドで仕留めるのは難しいですね。しかも、時折豪快なパンチを振り回してきます。かなりパンチ力がありそうです。

1ラウンドに南出が右目じりあたりをカットします。ヒッティングによるものと裁定されましたが、どう見てもこれはバッティングですね。

1ラウンドKOどころか、TKO負けのピンチにさらされた南出。2ラウンドはその傷を狙って、パンティルガンが反撃に転じます。しかし、ラウンド後半は、また南出のラッシュにさらされ、南出のボディブローが効果的にヒットします。

3ラウンドも、南出が手数で圧倒。パンティルガンの10倍はパンチを打っていますよ。そして、2分過ぎに、南出の連打にさらされ、左ボディブローがわき腹にめり込むと、少し間を置いて、パンティルガンがダウン。もう完全に戦意喪失ですね。南出が力づくで倒した感じです。

(左ボディブローがパンティルガンのわき腹に刺さる)
(少し間を置いてパンティルガンが後退)
(もう完全に戦意喪失。カウントアウト)

南出の積極的なボクシングは、見ていて気持ちがいいですね。しかも、最後は倒すんですから、申し分ありません。今年中に日本タイトルを取るかもしれません。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)