ボクシング観戦記(海外編)

ディリアン・ホワイト 消耗戦を左フック一発で終わらせる VSディレック・チゾラ

ディリアン・ホワイト(イギリス)VSディレック・チゾラ(イギリス)

(出典:WOWOW)

WBCシルバーヘビー級タイトルマッチ(2018年12月22日)

ホワイトは、25戦24勝17KO1敗、30歳。WBC、WBO1位。

唯一の1敗は、2015年にアンソニー・ジョシュアにTKO負けしたもの。チゾラとは2016年に対戦し、2-1のきわどい判定で勝って以来の再戦となります。

チゾラは、37戦29勝21KO8敗、34歳。WBC,IBF5位。

8敗もしていますが、ほとんどがビタリ・クリチコ、デビッド・ヘイ、タイソン・フューリーなどヘビー級のトップ選手に喫したものです。突進力とリズミカルな上体のゆすりは、「スモーキン・ジョー」と言われたジョー・フレイザーを彷彿させます。

前半はスモーキン・ジョーのペース

チゾラは、スモーキン・ジョーばりに、体をゆすって左右のフックを振り回しながら、突進していきます。ホワイトは、下がりながらカウンターを狙いますが、チゾラのパワーに押され、次第にロープに詰まるシーンが多くなってきます。時折、右アッパーや右のカウンターをヒットさせますが、手数ではチゾラに軍配が上がります。

チゾラが後半ペースダウン

ヘビー級では珍しく、お互いがボディブローを結構放ちますね。ホワイトは、カウンターでボディアッパー、チゾラは頭を下げて、ホワイトをロープに詰め、左右のボディフックを叩き込みます。しかし、ホワイトのボディアッパーの方が効果的だったようで、8ラウンドあたりからチゾラがややペースダウンします。ここで、チゾラは、ローブローの減点をとられ、流れがホワイトに傾いた感じです。

終盤は消耗戦

さすがにホワイトも終盤は、ややスタミナ切れで、ロープに詰まるシーンが多くなり動きも緩慢になってきます。チゾラも、疲れからか、パンチの振りが大きくなり、ガードもルーズになってきます。お互いよれよれで、もう気力だけで立っている感じです。

そして、11ラウンド。勝負に出た感じのホワイトの手数が増えます。しかし、長くは続かず、チゾラも応戦してきます。チゾラが、右を放ち、その返しの左に合わせて、ホワイトが左フックを振りぬくと、これがカウンターとなり、チゾラの顎にヒット。疲れたところへもらったパンチは効きます。ばったり倒れたチゾラのダメージは深刻です。セコンドがリングに入ってきましたが、レフリーがカウントアウトし、ホワイトのKO勝ち。

(ホワイトのコンパクトな左フックは速かったですね)
(ほぼ失神状態。暫く立ち上がれませんでした)

WBCとWBOで1位のホワイトですが、アンソニー・ジョシュアやディオンテイ・ワイルダーに比べるとパワー不足は否めませんね。ルイス・オルティスやタイソン・フューリーの方が実力は上でしょう。

No tags for this post.

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)