ボクシング結果予想

怪物?ハイメ・ムンギアに井上岳志が挑戦 DAZNで独占生配信されます(1月27日9時から)

ハイメ・ムンギア(メキシコ)VS井上岳志(ワールドスポーツ)

(出典:WOWOW)

WBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2019年1月26日・日本時間27日)

アメリカのヒューストンで行われる井上の試合が、DAZNで生配信されます。配信は9時からですが、メインの井上の試合は11時半ごろになる予定です。

※この試合はDAZNでしか観ることができません。DAZNはアミール・カーン、アンソニー・ジョシュア、ケル・ブルック、ダニエル・ジェイコブスなどを擁する「マッチルーム・ボクシング」と独自配信契約を結んでおります。

ボクシングファン必見のアイテムとなること間違い無しです。今回の試合を機に入会しておきましょう!(※初月無料です)

ムンギアは、31戦全勝26KO、22歳。

昨年5月に、番狂わせのTKO勝ちでサダム・アリからタイトルを奪取し、その後精力的に防衛戦を重ね、今回が3度目の防衛戦です。いまや、カネロ・アルバレスに次ぐ、メキシコのスーパースター候補と言われています。

井上は、14戦13勝7KO1分け、29歳。WBO3位。

野中悠樹(井岡弘樹)とのIBF2位決定戦に勝って以来、1位ジュリアン・ウィリアムス(アメリカ)との挑戦者決定戦に備えていましたが、なかなか試合が決まらず、この間にムンギア側からオファーがあり、狙いをIBFからWBOにシフトした次第です。

パワーが違いすぎる

173㎝の井上に対して、ムンギアは183㎝。しかも、ムンギアは決して細身ではなく、パワフルな体格をしています。ミドル級でも遜色ないでしょう。とにかく、パワーの違いは歴然としています。

ムンギアの強烈なボディブロー

「わしボク」頭の中から、序盤のムンギアのボディブローで悶絶する、井上の姿が浮かんで離れません。井上はこの強烈なボディブローを何とか回避しなければ、はっきり言って、試合にならないでしょうね。

前半で倒れなかったら、井上としては大健闘だと思います。判定まで粘ったら、「勝ったようなもの」ぐらいの価値があるかもしれませんね。

中量級では世界と東洋の差が想像以上

この階級での世界と東洋は、想像以上にレベルに隔たりがあります。東洋でいくら実績があっても、世界では全く通用しません。万に一つも井上の勝ちはないと断言します。でも「わしボク」はよく予想を外しますからね。井上が勝ったら、平身低頭してお詫びのブロクを書きます。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 怒りの王子 より:

    ムンギアの過去の試合を観ましたが、パンチ力も回転力もあり上下への打ち分けが上手いですね

    ボディが弱点では?との情報もありますが井上選手の勝ち目は低いかなぁと。

    • わしボク より:

      怒りの王子さん、コメントありがとうございます。
      初めてムンギアを見たとき、ただの荒々しいボクサーと思いましたが、とんでもない間違いでした。
      ひたすら井上の無事を祈るだけです。

  2. 団長 より:

    パワーだけでなくスピードも違いますよね。ボディもあり得そうですが、私は井上選手が左を振りながら接近しようとした時にムンギアの右ストレートが炸裂しそうな気がします。接近戦に持ち込む作戦のようなので。個人的には勇気ある挑戦を応援したいですけどね。

    • わしボク より:

      団長さん、コメントありがとうございます。
      井上は、接近戦でどのぐらい相手が嫌がるボクシングができるか、勝機はそこしかないでしょうね。
      病院送りにだけはならないように、願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)