速報)デメトリアス・アンドレイドVSアルツール・アカボフ (WBO世界ミドル級タイトルマッチ)12RTKOで初防衛に成功

デメトリアス・アンドレイド(アメリカ)VSアルツール・アカボフ(ロシア)

WBO世界ミドル級タイトルマッチ(2019年1月19日)

アンドレイドは、26戦全勝16KO、30歳。

2018年10月、ウォルター・カウトンドクワとの王座決定戦に判定勝ちしてタイトルを獲得。これが初防衛戦です。

アカボフは、21戦19勝8KO2敗、33歳。WBO8位。

2016年にビリー・ジョー・サンダースに挑戦し、判定で敗れています。

試合経過)

さあ、いよいよメインの試合が始まります。

サウスポー同士の対決です。アンドレイドは、腰を落として、速い右ジャブをついて、アカボフの接近を許しません。打ち下ろしの左ストレートも威力がありそうですね。

アンドレイドのボディブローが、徐々にアカボフの戦力を削っていきます。アカボフは、アンドレイドの左に阻まれ、距離を詰めることが出来ません。

「わしボク」の勝手な印象では、アンドレイドは中盤あたりで左を痛めたような気がします。右は多彩でアカボフにつけ入るすきを与えませんが、左はシャープさを欠き、ナックルをきっちり当てていないように見えます。

しかし、アンドレイドの右は多彩で、ボディも効いてきたアカボフは腰が引け、手数も回を追うごとに減ってきます。

後半は、アンドレイドが多彩な右でアカボフを完全にコントロールし、ほぼ一方的な展開になってきます。しかし、アンドレイドの左は、専らボディブローに使われ、顔面へのストレートもやや外からで、ナックルが返っていません。

そして、最終ラウンド。下がるばっかりで全く手が出なくなってきたアカボフに、アンドレイドが右ジャブを連打したところで、レフリーが試合をストップしました。

左手を痛めたかどうかはわかりませんが、これほど戦力に差があれば、中盤辺りできれいに倒してほしかったですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)