リオ五輪銀メダリストのホープ、シャクール・スティーブンソンが元世界ランカーに1RTKO勝ち VSビオレル・シミオン

シャクール・スティーブンソン(アメリカ)VSビオレル・シミオン(ルーマニア)

S・フェザー級10回戦(2018年10月13日)

スティーブンソンは、8戦全勝4KO、21歳のサウスポー。

2016年のリオ五輪、バンタム級の銀メダリストです。

シミオンは、23戦21勝9KO2敗、36歳。

2017年には、スコット・クイッグとIBF世界フェザー級挑戦者決定戦を行い、判定負けしています。(当時IBF4位)

この試合、本来はWBA13位のデュアーン・プーとフェザー級で戦う予定でしたが、プーの目の負傷のため、急きょシミオンに変更されたようです。

そのため、契約ウェイト129ポンドのS・フェザー級で行われることになりました。

シミオンは、元世界ランカーですが、1年半のブランクがあります。

右フックのスピードは一級品

前に出て距離を詰めたいシミオンに対し、スティーブンソンは、ステックバックで自分の距離をキープします。

そして、スティーブンソンが左ストレートから返しの右フックでいきなりダウンを奪います。同時にシミオンも左フックを放っていますが、スピードが格段に違います。

(左の打ち方は今一つですが、返しの左フックはスピードがありますね)

(同じタイミングでシミオンも右を放っていますが、スピードがまるで違いました)

かなりダメージのある倒れ方でしたが、何とか立ってきます。

試合が再開されると、スティーブンソンが一気に倒しに行きます。

必死で抵抗するシミオンが左フックを大きく空振りして、その勢いでスリップダウン。しかし、レフリーはダウンと判断しカウントが入ります。

(これは完全にスリップダウンですが、シミオンはこれで一息入れます)

スリップのアピールをしますが、シミオンにとっては、このダウンはダメージの回復にはちょうど良かったような気がします。

一息ついたのもつかの間、スティーブンソンが猛然と襲い掛かります。しかし、時間がありません。

ゴングに救われたか、と思った10秒ほど前に、またもやスティーブンソンの右フックがシミオンの顎をとらえます。

(ステーブンソンの左は速くてキレが抜群ですね)

(立ってきたものの、もう戦闘能力は残っていません)

シミオンは大きくぐらつき、ロープにもたれかかるようにしてダウン。

ゴングと同時にレフリーが試合をストップしました。

9戦目はわずか1RTKO勝ち。ブランクのある相手とはいえ、会心のKO劇でした。

次は世界ランカーですね。フェザー級ならそれほど怖い相手は見当たらないので、来年は一気に駆け上がってくるでしょう。

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)