ボクシング観戦記(日本人編)

速報)伊藤雅雪が判定負けでタイトル防衛に失敗! VSジャメル・へリング(WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ)

伊藤雅雪(横浜光)VSジャメル・へリング(アメリカ)

(出典:WOWOW)

WBO世界S・フェザー級タイトルマッチ(2019年5月25日)IN フロリダ

伊藤は、27戦25勝13KO1敗1分け、28歳。

アメリカでタイトルを獲得し、日本で初防衛に成功。再びアメリカで2度目の防衛戦に挑みます。

へリングは、21戦19勝10KO2敗。33歳のサウスポー。WBO9位。

長身のサウスポー。ランキングは9位ですが、意外とやり難い相手かもしれません。

試合経過)

アンダーカードに、江藤光喜が先に登場するはずです。WBO世界S・フライ級挑戦者決定戦をかけて、ジェイビエール・シントロンと対戦します。

一旦、江藤が1RKO勝ちとなったんですが、江藤の頭が先に当たったとして、この試合はなんと無効試合(ノーコンテスト)となりました。

(確かに江藤の頭が先にあたっていますね)

セミファイナルのホセ・ペドラサVSアントニオ・ロサダの試合が終わりました。この試合の詳細は別途、ご紹介したいと思います。さあ、いよいよ、伊藤の登場です。

1R)

へリング、見た目はかなり強そうですね。やはり伊藤の右は遠いです。へリングの左右のパンチは長いですよ。これはかなり手強そうです。

2R)

へリングは伊藤の打ち終わりを狙っていますので、なかなか伊藤も容易に打って出ることが出来ません。この回は少し伊藤も手数が増えてきました。伊藤の右は軽くヒット。へリングの右ジャブが邪魔ですね。

3R)

なかなか距離を詰めるのが難しですね。前にでる伊藤ですが、なかなか手が出ません。これは厳しい戦いになりそうです。伊藤の得意の右がまだ、距離が合っていません。

4R)

伊藤は相討ち覚悟でいかなと勝てないですよ。へリングの手数が増えてきました。右ジャブが長くて速い。伊藤のいきなりの右はいずれも空を切ります。もっとコンビネーションがほしいですね。

5R)

これは、負けましたね。伊藤のワンツーも右が当たりません。へリングの左がクリーヒット。距離を支配しているのは、相変わらずへリングです。へリングの右ジャブから左ストレートのダブルがヒット。

6R)

今日の伊藤はとにかく手数が少ないですね。へリングの長いジャブに阻まれています。この回は、へリングも先に手を出すようになってきました。伊藤の右ストレートがやっとヒットしました。

7R)

伊藤はそろそろ、強引に打って出て、倒さないと勝てないでしょう。少しずつ伊藤の右の距離が合ってきた感じがします。序盤に比べるとやや距離が詰まってきました。

8R)

伊藤が頭をつけて接近戦に持ち込んでいます。へリングはこの距離はどうやら嫌いのようです。やっと伊藤らしいボクシングになってきましたね。しかし、へリングも長い腕で伊藤の攻撃を阻止します。

9R)

へリングにやや疲れが見え始めましたが、伊藤もなかなか手が出ません。いきなりの右だけでは、へリングを崩すことはできません。それとまた、へリングの距離になってきました。へリングは右ジャブで逃げ切ろうとしていますね。

10R)

5ポイントぐらいは、負けているでしょう。伊藤は右から返しの左がほしいですね。伊藤はプレッシャーをかけますが、手数が少ない。へリングは距離をとって、逃げ切ろうとしています。

11R)

へリングは、長い右ジャブで距離をとり、伊藤に隙を与えません。アメリカでは、前に出てもポイントにつながりません。右ジャブでへリングが着実にポイントを拾っているでしょう。

12R)

伊藤に連打をさせないへリングのうまさが、試合を制しましたね。やはり、距離の長さが、伊藤に大きく立ちはだかりました。

試合は判定に。集計に時間がかかっています。「わしボク」は伊藤の完敗だと思います。

判定は、3-0(116-112、118-110118-110)で伊藤が防衛に失敗しました。

伊藤は、思わぬ伏兵にやられましたね。へリングはうまいボクサーですが、強くはないですよ。

No tags for this post.

POSTED COMMENT

  1. 団長 より:

    わしボクさん、こんにちは。
    5Rで、これは負けたと断定されたわしボクさん、さすがです。私は出だしに不安に思いながらも2Rで距離があってきたような感じだったのですいけるかなと思ったのですが、その後は全くダメでしたね。山中慎介さんの事前の杞憂が現実になってしまいました。それにしても数あるESPNチャンネルの中のメインチャンネルで生中継でメインの試合に取り上げられ、解説者も試合のポイントをわざわざ日本語で伊藤選手の「Migite!」と言って期待していたのに全く不甲斐ない試合でガッカリしてしまいました。長身サウスポーへの対策が全く感じられず前後の動きだけで相手に見切られてしまいました。どうしてもっと横に動いて揺さぶらなかったのでしょうか。
    せっかくトップランク社と契約したのに失ったものは大きすぎます。それに、基本アウトボクサーなのに後半スタミナ切れで失速すると言う全くもってチャンピオンの称号にふさわしくない選手を王者にしてしまったと言う責任は重いと思います。スカッとした勝ち方を期待していたのでちょっと厳しくなりましたが、もちろんここからの再起を期待していますよ。

    • わしボク より:

      正に団長さんのおっしゃる通りです。全くいいところのない、不甲斐ない試合でしたね。
      いつもに比べると、動きにキレがなかったようにも思いました。ステップインのスピードがなく、最後まで距離を詰めることが出来ませんでした。
      それと、5月の日本人の世界戦は、井上以外は全敗でしたね。これもちょっと不甲斐ないですし、安易な世界戦も多かった気がします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)