クリス・ユーバンク・ジュニアの再起戦は不完全燃焼 VS JJ・マクドナー

クリス・ユーバンク・ジュニア(イギリス)VS JJ・マクドナー(イギリス)

S・ミドル級10回戦(2018年9月28日)

(出典:WOWOW)

ユーバンクは、28戦26勝20KO2敗、29歳。WBA5位、WBC4位、WBO10位。

2018年2月にWBSSスーパーミドル級準決勝で、ジョージ・グローブスに判定で敗れ、決勝進出を逃しています。

マクドナーは、20戦16種8KO4敗、32歳のサウスポーです。

188㎝の長身サウスポーですが、ユーバンクの再起戦の相手としては、リスクのない楽な相手でしょうね。

あっけない幕切れ

積極的に前に出るマグナ―に対して、ユーバンクは慎重に距離を図りながら、様子を見ています。

そして、1ラウンド半ば過ぎに、マグドナーが右を放ってそのまま倒れ、大の字にダウンします。

一瞬、何が起こったのか分かりませんでしたが、解説の西岡利晃さんが「左フックがテンプルに当たったんですね」。

さすが、いい目をしてますね。

(ユーバンクの左フックがカウンター気味にテンプルにヒットし、マクドナーは大の字に)

私はてっきり、どこか体の故障かな、と思いました。

大の字になったマクドナーは、しばらくピクリともしなかったので、恐らく観衆はこれで終わりと思ったことでしょう。

暫くして、むっくりと起き上がり、カウント8で試合は再開されます。

この回はゴングに救われた形ですが、2ラウンドに入っても、マクドナーにほとんどダメージは感じられません。

結構積極的にパンチを放って、攻勢をかけます。ユーバンクは、冷静にバックステップでかわしながら、コンパクトな左ジャブ、右ストレートで応戦します。

3ラウンドは一転、両者が大振りのパンチを振り回し、撃ち合いますが、残念ながらほとんどクリーンヒットしません。

ユーバンクの左右の連打も、マクドナーの意外にうまいボディワークでほとんどのパンチを外されます。

ところが、4ラウンドのゴングが鳴る前に、マクドナーから棄権の申し出があり、試合は終了。

3R終了TKOでユーバンクが再起戦を処理で飾りましたが、会場からはブーイングの嵐。

3ラウンド終了時点で、マクドナーに深刻なダメージは見られなかったから、当然でしょうね。

ユーバンクのダメージブローは、初回に放った右フックだけですから。

 

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)