ホルヘ・リナレスがS・ライト級でパワーアップして再始動 VSアブネル・コット

ホルヘ・リナレス(ベネズエラ・帝拳)VSアブネル・コット(プエルトリコ)

S・ライト級12回戦(2018年9月29日)

(出典:WOWOW)

リナレスは、48戦44勝27KO4敗、33歳。WBAライト級1位、WBCライト級2位。

ワシル・ロマチェンコとの激戦は、TKO負けを喫しましたが、ダウンを奪うなどの好ファイトを演じ、負けてもその評価は全く落ちていません。

コットは、26戦23勝12KO3敗、31歳。元中米カリブS・ライト級チャンピオン。

ミゲール・コットのまた従弟だそうです。リナレス同様、アマチュアのキャリが豊富で堅実なボクシングします。

体格は見劣りしませんね

身長で5㎝高く、ずっとS・ライト級で戦ってきたコットに対し、1階級下から上げてきたリナレスですが、体格差ほほとんどないように見えます。

両者がリング上で対峙しても、リナレスは肩幅が広く、アップライトに構えるので、フィジカル面では全く遜色を感じません。

充分、S・ライト級で戦える気がします。

初回は、リナレスがプレッシャーをかけ、前に出ていましたが、2ラウンドは、コットがペースを取られないように、少し前に出てきました。

ジャブの差し合いは、やはりリナレスの方がスピードがあり、徐々にリナレスのペースになっていきます。

そして、右打ち下ろしをヒットし、さらに左から右ストレートをやや打ち下ろし気味に打ち込むと、早くもコットがダウン。

(左ジャブで距離を合わせ、右ストレートを打ち下ろし気味にヒット)

コットは、何とか立ってきましたが、かなり効いています。

リナレスが襲い掛かりますが、コットはクリンチで何とか逃げ切りました。

スピードは維持したまま、さらにパワーアップ

この日のリナレスは、右ストレートがキレていますね。ロマチェンコ戦よりパンチにキレがあるような気がします。

3ラウンドもコットがペースを取り戻そうと、前に出ますが、リナレスも下がらず迎え撃ちます。

そして、右ストレートがヒットし、コットが下がると、リナレスが追いかけるように右ストレートを突き刺し、2度目のダウンを奪います。

(鋭い踏み込みで、右ストレートをヒット)

立ってきたコットに、左右のボディブローをヒットすると、コットがローブローをアピール。

しかし、リナレスは構わずパンチを打ちこみ、ロープ際でもつれ合うように両者がマットに倒れます。

(両者がもつれ合って倒れます)

リナレスはすぐに立ちあがりましたが、コットは立ってきたものの、またよろめき、尻もちをつきます。

レフリーはここで、ダウンの裁定をしましたが、コットのセコンドからギブアップの意思表示があり、試合が終了しました。

最近のリナレスの試合では、一番強い勝ち方でしたね。

S・ライト級でも十分戦えますね。むしろ、スピード、パンチのキレは申し分なく、しかもパワーがありました。

このまま、S・ライト級で世界を狙うのか、ライト級に戻してロマチェンコと再戦するのか、いずれにしても今のリナレスの実力なら、いつでも世界戦を戦えることは間違いないですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)