久保隼、松本亮を翻弄したダニエル・ローマンのファイトマネーは、世界戦にもかかわらずわずか5万ドル VSモイセス・フローレス 

ダニエル・ローマン(アメリカ)VSモイセス・フローレス(メキシコ)

WBA世界S・バンタム級タイトルマッチ(2018年6月16日)

(出典:WOWOW)

ローマンは、26戦23勝9KO2敗1分け、28歳。

2017年9月に久保隼にTKO勝ちしてタイトルを獲得し、2018年2月には松本亮を翻弄し、大差の判定勝ちで初防衛に成功しています。

フローレスは、27戦25勝17KO2NC、31歳。WBA暫定チャンピオン。

昨年6月にギジェルモ・リゴンドーと対戦。ゴング後のパンチでダウンし、ノーコンテストになっています。

速報)2試合とも後味の悪いKO決着。アンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフ&ギジェルモ・リゴンドー防衛戦VSモイセス・フローレス 

暫定王者のフローレスは、体重オーバーで断定タイトルを剥奪されてます。

体重オーバーは最近、もう日常茶飯事になっていますが、「わしボク」が驚いたのはファイトマネーです。

ローマンは、本拠地アメリカでの試合で、しかも暫定王者との統一戦にも関わらず、わずか5万ドル(約550万円)ですよ。フローレスは3万ドル。体重超過の罰金を払ったら、ほとんどタダみたいなものかもしれませんね。

前半はローマンがぎこちないフローレスを翻弄

フローレスのフットワークはぎこちないですね。とてもプロのボクサーとは思えないほど、ぎくしゃくしています。しかもパンチは大振りで、難なくローマンにかわされていまします。

ローマンは、フローレスのパンチを警戒し、しばらく様子を見ていましたが、それほどスピードがないとわかると、コンパクトなパンチで、前に出てプレッシャーをかけるフローレスを捌きます。

それでも、フローレスはガンガン前に出てパンチを放ってきます。

ローマンは、ボディブローを中心に、応戦します。しかも、上下の打ち分けが上手く、あらゆる角度からパンチを繰り出します。

フローレスのパンチは、ほとんどローマンの堅いガードに阻まれ、クリーンヒットしません。

ローマンのこの地味なボクシングは、アブネル・マレスに似ていますね。パンチが非力なところはそっくりです。

フローレスの馬力にローマンが押される

このままローマンがペースをつかみ、松本戦のようにフローレスを翻弄するかと思われましたが、フローレスは予想以上にスタミナがあり、持ち前の馬力でローマンが少し押され気味になります。

フローレスの打ち終わりを狙い、ローマンがコンパクトなパンチをヒットさせますが、パンチの威力はフローレスに軍配が上がります。

ローマンのパンチがクリーンヒットしても、フローレスの前進を止めることが出来ません。

終盤はさすがにフローレスも失速

9ラウンドにローマンの左ボディブローがカウンターでヒットし、フローレスの動きが止まります。

重いフローレスのストレートも、パンチが流れるようになり、11ラウンドにローマンの右フックで大きくよろけます。

しかし、これがパンチの威力でよろけたのか、ギクシャクした足の運びのせいなのか、何とも分かりにくいボクサーですね。

フローレスは、ローマンのパンチをもらいながらも、最後まで前に出て手を出します。不思議なボクサーです。

 

判定は、どうしても体重オーバーしたフローレスに対して厳しくなるのは、仕方がないでしょうね。

3-0(116-112、118-110、120-108)でローマンが2度目の防衛に成功しました。

120-108は、完全にペナルティ採点という感じがします。「体重オーバーしたら、判定では勝てない」という制裁もいいかもしれません。

負けたフローレスは、ボクシングマガジン誌にも書いてありましたが、世界戦のチャンスはもうないでしょうね。

地味なローマンも、こんなボクシングではファイトマネーが低迷しそうです。

WBO王者のアイザック・ドグボーとの対戦も計画されているようですが、少しファイトマネーをはずめば、また日本にきますよ。和氣慎吾ならもう少し面白い試合が期待できそうです。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)