速報)拳四朗VSガニガン・ロペス WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 5月25日 2RKO勝ちで防衛成功

拳四朗(BMB)VSガニガン・ロペス(メキシコ)

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(2018年5月25日)

f:id:stonemeintothegroove:20180526111247j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180526111305j:plain

(出典:フジテレビ)

放送が午後9時からで、放送枠は55分(最大10時25分まで延長)しかありません。

でも、テレビの番組表では、野球が雨天の場合、8時からボクシングとなっていましたが、新聞を見ると、8時2分からボクシングとなっていますね。でも、野球が中止の場合だけですね。

東京では中継しているんでしょうね。うらやましい~。

 

拳四朗は、これが3度目の防衛戦です。前回はかなりきわどい判定(2-0)でしたので、スカッと倒して進化した拳四朗を見せてほしいですね。

12戦全勝6KO,26歳。

 

ロペスは前チャンピオン。拳四朗に判定(2-0)負けして、タイトルを失っています。36戦29勝18KO7敗、36歳のサウスポー。WBC1位。

両者、昨年5月以来の再戦となります。

 

試合経過)

 

ネット情報では、拳四朗が2RにボディブローでKO勝ちしたようです。

良かったですね。

井上の試合が早く終われば、放送されるでしょう。

違いました。先に拳四朗の試合が録画で放映されました。

 

1R)

お互い、距離を図っています。ジャブの差し合いでこの回は終わりました。

2R)

拳四朗が、少しプレスをかけてきました。左ジャブで距離をつかんだ感じです。

ロペスの大きなパンチは見切っていますね。

拳四朗の右ボディブローがヒットししました! ロペスがダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20180526111519j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180526111541j:plain

(右ストレートがガニガンの右わき腹に見事にヒットしています。)

立てません。

拳四朗が2RKOで防衛に成功しました。

いつの間にやら3度も防衛しています。

拳四朗はかなり進化してきています。これからが楽しみですし、今度は生中継で放送されると思いますよ。

No tags for this post.

2 Comments

j

ケンシロウには注目してなかったのですが、先の試合での北斗百裂拳でのKOに続き、今回の秘孔KO。井上と同じぐらいに、いやそれ以上に2RKOにはびっくりしました。こんな選手じゃなかったのに。良い意味で期待を裏切る選手ですね。

返信する
stonemeintothegroove

j さん、拳四朗は確実に強くなっていますよ。
テレビも全国的に生中継してほしいですね♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)