何とも手堅いボクシングで4階級制覇 マイキー・ガルシア   VSセルゲイ・リピネッツ

セルゲイ・リビネッツ(ロシア)VSマイキー・ガルシア(アメリカ)

IBF世界S・ライト級タイトルマッチ(2018年3月10日)

 f:id:stonemeintothegroove:20180502104834j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180502113141j:plain

(出典:WOWOW)

リピネッツは13戦全勝10KO、28歳。

昨年11月に近藤明広と王座決定戦を行い、大差の判定で獲得したタイトルの初防衛戦です。

 ガルシアは、37戦全勝30KO、30歳。WBCライト級王者です。

戦前の予想は圧倒的にガルシアが有利。私はガルシアがあっさりKOすると思っていました。

 

ガルシアが左ジャブでコントロール

前に出るのはリピネッツですが、試合をコントロールしているのは、ガルシアの左ジャブです。

下がりながら、速い左ジャブで自分の距離をキープし、時折、強い右ストレートを打ち込みます。

体幹で勝るリピネッツは、何とか接近して左右のパンチを放ちますが、ガルシアの堅いガードに阻まれます。

ダウンを奪うが慎重なガルシア

7ラウンド、少しずつプレッシャーを強めるリピネッツの足が揃ったところへ、タイミングよくガルシアの左フックがヒットし、リピネッツがダウンします。

 

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20180502115159j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180502115249j:plain

(タイミングよく左フックがリピネッツの顎をとらえます)

さほどダメージがないとみたガルシアは、強引に倒しに行きません。

リピネッツの圧力を感じでいるのか、その後も、ガルシアは左ジャブで堅実なボクシングを展開します。

ガルシアは終盤、やや流した感じで乗り切り、試合は判定決着になりました。

 

判定は3-0(116-111、117-110、117-110)の明確な差をつけ、ガルシアが4階級制覇に成功しました。

168㎝のガルシアにとっては、S・ライト級は少し重い感じがしますね。

ライト級に戻った方が、ガルシアらしいパフォーマンスが見られると思いましたが、どうやらしばらくS・ライト級にとどまるようです。

それどころか、ガルシアはウェルター級に上げて、エロール・スペンスをターゲットにしているというから驚きです。

とにかく、次はマイキーらしい豪快なKOを見たいですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です