速報)山中慎介 リベンジなるか VSルイス・ネリ WBC世界バンタム級タイトルマッチ 山中が4度ダウンして2ラウンドKO負け

ルイス・ネリ(メキシコ)VS山中慎介(帝拳)

WBC世界バンタム級タイトルマッチ(2018年3月1日)

f:id:stonemeintothegroove:20180303111015j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180303111032j:plain

(出典:日本テレビ)

ネリ、今度は体重オーバーをやらかしました。2,3キロもオーバーし、その後再軽量でも1、3キロオーバーで、失格。王座は剥奪されました。

24戦全勝18KO、22歳。

 

山中は30戦27勝19KO1敗2分け、35歳。WBC1位です。

全盛期の状態にどこまで近づけることが出来るでしょうか。課題はこれだけでしょうね。

この試合は、山中が勝てばもちろん王座を獲得できますが、ネリが勝つか引き分けた場合は、王座は空位になります。

 

それにしても、ネリはいろいろとやらかしてくれますね。

2,3キロもオーバーしながら、平気で秤に乗る神経が信じられません。

恐らく当日の体重は、山中とは軽く1階級は違うぐらいに上げてくると思います。

IBFと違い、当日の体重制限がないのが残念です。

ネリに減量失敗のダメージはないでしょう。

残念ですが、私には山中が倒されるシーンしか浮かんできません。

 

試合経過)

 

この試合は午後7時56分から日本テレビ系列で生中継されます。

自信があるのかどかわかりませんが、山中の表情はいつになく、明るいですね。

ちなみに岩佐亮佑は判定で初防衛に成功しました。勝つことに専念した安全運転で、ちょっともの足りませんでしたね。

1R)

山中が積極的です。意外と動きはいいですね。

ネリは少し動きが悪い感じです。

おっと、ネリが一気に出てきました。

ネリの右ジャブのカウンターで山中がマットに手を突きましたが、レフリーの判断はスリップです。

f:id:stonemeintothegroove:20180303112115j:plain

(結局、この右ジャブのダメージが試合を決定しましたね)

f:id:stonemeintothegroove:20180303111627j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180303111635j:plain

(大きくバランス崩し、グローブがマットにタッチしました)

 

しかし、ネリはこのチャンスを逃しません。ネリの左フックで、山中がダウンしました!

f:id:stonemeintothegroove:20180303111858j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180303111904j:plain

(ネリの追撃であえなくダウン)

何とか立ってきました。意識はしっかりしているようですが、ダメージは深刻ですね。1分間でどこまで回復するでしょうか。

2R)

スピードのない山中の左に合わせて、ネリが左ストレートのカウンターをヒットし、いきなり、また山中がダウンしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180303112545j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180303112749j:plain

(これだけきれいにカウンターを決められては、立っていられません)

ネリが追撃し、右ストレートで山中がこの日3度目のダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20180303112911j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180303112921j:plain

(今度は右ストレートが山中の顎をとらえます。)

f:id:stonemeintothegroove:20180303113045j:plain

(必死にレフリーに「OK」をアピールしますが)

 

ネリの横殴りのパンチであえなく3度目のダウン。もう何が当たっても倒れる状態ですね。レフリーはすぐに試合をストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20180303113309j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180303113257j:plain

(横殴りのパンチでしたが、こうなってはもう何が当たっても倒れる状態です)

 

やはりパワーの差が出ましたね。でも、これはある意味、反則勝ちですよ。

予想通りの結果でしたが、残念です。

山中選手、お疲れさまでした。

No tags for this post.

14 Comments

まんじろう

久しぶりにコメントします。
私も山中の中盤までのKO負けを予想します。
しかし、倒されて負けるくらいならマシなほうで、もっと悲惨な結末になるかもしれない事を危惧します。
ネリから前回検出されたドーピングは、筋肉を残して減量をスムーズに行うボクサーには夢のような効果があったようです(↓)。
https://victorysportsnews.com/articles/5339/original
今回は薬物を使えなかったので、体重超過したのでしょう。
しかし、この記事によれば、ドーピングはやめても効果は残ることがあるようです。
体重超過に薬物といえば、粟生vsベルトランを思い出して、正直、全くワクワク感がありません。。。
山中が勝っても負けても、無事にリングを降りられること祈っています。

返信する
stonemeintothegroove

まんじろうさん、お久しぶりです。
しかしドーピングはいたちごっこですね。
それと、絶対に当日体重の制限は必要ですよ。

返信する
ボクシングマニア

山中自身、ダメージによる衰えと、前に前にガンガン打ってくる相手が苦手だということ、その上で体重超過した相手に勝つのは…やはり至難の技でしたね。
しかしあのネリの喜びよう。恥知らずにも程がある。
正直かなりカチンときましたよ。いやー井上と戦って欲しいですねぇ。
ボッコボッコにして再起不能にしてほしいですよほんと。

返信する
stonemeintothegroove

ボクシングマニア さん、コメントありがとうございます。
ネリはおそらくランキングから名前が消えるでしょうから、井上がすぐに退治することはできませんね。残念です。
それにしても山中は予想以上に脆かったですね。

返信する
にわか中のにわか

日テレ系が無い地域なのでBSで岩佐粟生の
試合だけしか見れなかったですが残念でしたね…
歳のせいとか普通にやってもあっちのパワーには勝てないと
いくらでも「冷静な分析」が自分の頭に浮かんできますが
山中に対してはリングを降りた後のもっと長い人生が
幸せであることを祈る以外にもはや何もいいません
でもこれからもあっちは平気でボクシングを続けるであろうこと
WBCはベルト剥奪以上の罰は与えぬだろうことまで想像すると
この業界の理不尽を見せつけられたようで怒りのやり場がありません

返信する
stonemeintothegroove

にわか中のにわかさん、今晩は。
冷静に考えれば、やはり山中よりネリの方が強かったのかも知れませんが、勝つためなら何でもあり、は、やっぱり納得できませんね。
ネットでも炎上してます。
オリンピックでも、日本人のマナーのよさがメダルより光っていた気がします。

返信する
ラーメン

正直今回はボクシングそのものにちょっと失望しちゃいましたね
こんなのがまかり通るんだなぁと

返信する
stonemeintothegroove

ラーメンさん、コメントありがとうございます。
ホントに最近体重オーバーが平気でまかり通っていますね。

返信する
豪州在住

体重オーバーの選手は重いグローブで戦わせるのはどうでしょう?ベストな案ではないかもしれませんが、そのまま戦わせるよりはマシかと思います。
しかし、後味悪いです。

返信する
stonemeintothegroove

豪州在住さん、コメントありがとうございます。
昔はグローブハンデとかがあったと思いますが、体重オーバーのペナルティだったかどうか、記憶があいまいです。
今回の場合は当日計量で制限を設けたようですが(58キロ)、結局、試合前には60、1キロまで増えていたらしいですね。もうライト級ですよ。

返信する

ネリは人間的にはクズだけど、ボクシングはかなり強いと思うんですよね。ドーピングの効果がどれだけあるのかは素人の私には分かりませんが、今回の体重過多が無くても山中をKO出来たと思うんですよ。
井上から逃げる為に体重を増やして次戦からクラスを上げる為だったのか、ドーピングで筋肉付き過ぎて落ちなかったのかは分かりませんが、わざと軽量をパスしなかったと思います。真相は分かりませんが、本当にクズですよね。
でも体重が合えば比嘉当たりと真っ向正面から戦って欲しいな~。きっと名勝負になりますよ。ネリがクズ戦法を使わなかったらの話ですけど。

返信する
stonemeintothegroove

jさん、コメントありがとうございます。
ネリが人間的にクズなのは、試合を見たボクシングファンの一致した意見でしょう。
ただ、ボクシングが強いのも事実だと思います。
なんとか、井上に退治してもらいましょう。体重オーバーした時のペナルティは、かなり厳しい条件にしなければいけませんね。
でも、ネリはまた新しい反則技を使うかもしれませんが。

返信する
j

カネロがドラッグテストで陽性反応
https://www.badlefthook.com/2018/3/5/17082312/canelo-alvarez-tests-positive-for-traces-of-clenbuterol
わざわざメキシコに戻ってトレーニングを開始した理由はコレか!
カネロもネリもメキシカンは恵まれ過ぎじゃないですかね?今回も牛が理由だと言い逃れ、試合が行われそうです。
ネリとは関係ありませんが、カネロの再戦のページが見つからないので、ここでコメントしました。

返信する
stonemeintothegroove

jさん、コメントありがとうございます。
よくこんなページを見つけますね。
しかも私ごときのblogにコメントをいただき感激です。
私もカネロを追いかけてみます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)