ミゲール・コット ラストファイトで有終の美を飾れず VSサダム・アリ

ミゲール・コット(プエルトリコ)VSサダム・アリ(アメリカ)

WBO世界S・ウェルター級タイトルマッチ(2017年12月2日)

f:id:stonemeintothegroove:20180124145025j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180124145033j:plain

(出典:WOWOW)

ミゲール・コットは勝っても負けても、これがラストファイトになります。

46戦41勝33KO5敗、37歳。四階級制覇の偉大なチャンピオンです。

 

サダム・アリはこれが2度目の世界挑戦。2016年3月にジェシー・バルガスにTKO負けして、王座獲得に失敗しています。

26戦25勝14KO1敗、29歳。WBO7位。

イエメン出身で、ジョー小泉さん曰く「イエメンのイケメン」。

コットにとってアリはそれほど危険なパンチがなく、打たれもろさもあるので、あわよくばKOで有終の美を飾れる相手だったのでしょう。

 

予想外に打たれ弱さを見せたコット

立ち上がりのコットはいつも通りの軽快な動きで、調子の良さがうかがわれました。

前に出て積極的にパンチを放ち、早くもペースを握った感じでした。

しかし、2ラウンドにアリの右ストレートをもらうと、コットはぐらつき、足がばたついて、意外なもろさを露呈します。

f:id:stonemeintothegroove:20180124151408j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180124151350j:plain

(この日のコットはガードも甘く、不用意にパンチをもらいます)

しかも、この日のコットはガードが甘く、アリの左フックが結構ヒットします。

前に出てプレッシャーをかけるコットですが、いつも以上に上半身に力みが感じられ、これが打たれもろさにつながっているような気がします。

4ランドにもコットは、「イエメンのイケメン」の左フックをテンプルに浴びて、たたらを踏みます。

f:id:stonemeintothegroove:20180124152237j:plain

(この左フックはかなり被弾していました。ガードの堅いコットにしては珍しいですね)

 

中盤はコットがペースを握る

序盤に危ないシーンがありましたが、中盤は前に出てプレッシャーをかけるコットが、試合を支配します。

6ラウンドには右ストレートでアリをぐらつかせました。

f:id:stonemeintothegroove:20180124152609j:plainf:id:stonemeintothegroove:20180124152616j:plain

(この日のコットのベストショットでしょう)

 

7ラウンド終了時点では、ややコットがポイントをリードしている感じでした。

このままいけば何とか判定で勝利をものにできるかな、と思わせました。

しかし、8ラウンドからアリが出てきました。

 

終盤はコットが失速

セコンドにハッパをかけられたのでしょう。アリがペースを奪いに来ました。

一方のコットはややスタミナ切れか、ややパンチにスピードやパワーも欠いてきました。

10ラウンドにはアリのボディ攻撃でさらに動きが悪くなり、そこへアリの右フックをもらい、またもやピンチに。

f:id:stonemeintothegroove:20180124153437j:plain

 

(この右フックでまたコットがぐらつく)

いよいよコットは苦しくなってきました。

もう、反撃する力は残っていません。必死でアリのパンチをかわし、逃げまくります。

 

それでも、最終ラウンド、コットは意地を見せます。

残っている力を振り絞って反撃に転じます。

さすがにアリも疲れが見えます。

頑張れコット!そういうコット。

そして、ここでゴング。コットのラストファイトが終わりました。

 

判定は3-0(116-112、115-113、115-113)でアリがタイトルを獲得しました。

まあ、妥当な採点ですね。

しかし、アリのボクシングは基本的には消極的で、これでは初防衛は難しいと思います。

コットは37歳。さすがにカムバックはないでしょうね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です