村田諒太の初防衛戦が決まりましたね VSエマヌエーレ・ブランダムラ ㏌横浜アリーナ(4月15日)

村田諒太(帝拳)VSエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2018年4月15日)

f:id:stonemeintothegroove:20180126105253j:plain

(出典:フジテレビ)

村田は14戦13勝10KO1敗、32歳。アッサン・エンダムから奪ったミドル級のタイトルの初防衛戦となります。

ブランダムラは29戦27勝5KO2敗、38歳。WBA10位ですが、IBFとWBCでも7位ランクされています。

わずか5KOというのが、逆に不気味ですね。

しかし、2敗はいずれもKO負け。2014年にビリー・ジョー・サンダースに8R右フックのカウンターで倒されています。

f:id:stonemeintothegroove:20180126105704j:plain

 (出典:WOWOW)

 

ブランダムラの戦力と展開予想

 

ブランダムラの直近の試合(2017年6月)をYouTubeで見ましたが、前半は完全なアウトボクシングで、特にカウンターが上手いわけでなく、打ち終わりにパンチを放つ感じですね。

後半ぐらいから少しずつ前に出て戦うようになりましたが、もみ合いが多く、連打で畳みかけたのは最終ラウンドぐらいだったと思います。

私には相手の選手が勝ったように見えましたが、判定は僅差でブランダムラの手が上がりました。まあ、とにかく退屈この上ない試合でした。

 

ビリー・ジョー・サンダース戦(2014年)でも、前半は下がりながらのアウトボクシングを展開しています。しかし、サンダースも元来プレッシャーをかけて前に出るボクサーではありませんので、徐々にブランダムラが前に出るようになりました。

ただ、パンチを打つと体が前に流れて、サンダースに体を預ける場面が多く、もみ合いの多いダーティなボクサーという感じがしました。

8ラウンドは、やや失速気味で集中力が切れたブランダムラが、不用意に打って出たところへサンダースの右フックをカウンターでもらい、結局この一発でマットに沈んでいます。

 

パンチ力はないですね。スピードも当て勘もそれほどいいとは思えません。ディフェンスはそこそこ。体は柔らかそうです。クリンチはうまいかもしれません。

フィジカルなパワーはなさそうですので、村田のプレッシャーで簡単にロープに詰まりそうな気がします。フットワークもそれほど速いわけではなく、捕まえるのは簡単でしょう。

2敗はいずれもKO負けですが、打たれもろい感じはしませんでした。

無理に倒しに行って粘られ村田がスタミナを消耗すると、終盤にラフファイトに巻き込まれ、苦労するかもしれません。

プレッシャーをかけて少しずつ痛めつけるのが、一番いい戦い方だと思います。

村田の仕上がりが万全なら、間違いなく前半でKOチャンスが訪れるはずです。

 

とにかく、戦闘能力にはかなり差がありますね。危険性のほとんどないボクサーですから、初防衛の相手としては、まさに「手頃」と言えるでしょう。

横浜アリーナのキャパシティは16000人だそうです。即日完売とは言いませんが、満員にしてほしいですね。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)