WBSSバンタム級トーナメント 4強最後の一人は何と「ノニト・ドネア」

WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)バンタム級4強が出そろう

WBA世界バンタム級スーパータイトルマッチ(2018年11月3日)

ライアン・バーネット(イギリス)VSノニト・ドネア(フィリピン)

この試合で一番心配していたのは、ドネアがバンタム級に落とせるのかどうかでしたが、アッサリ前日計量をクリアしたので、まずは一安心しました。

しかしドネアもそこまで。

多くのボクシングファンは、バーネットが判定勝ちすると予想していたと思います。

ところが予想外のアクシデントが待っていました。

4ラウンド2分を過ぎたころ、にバーネットが右ストレートを繰り出した際に、腰を痛めたのか、バーネットがしゃがみ込んでしまいます。

このラウンドは何とかしのいだものの、その後バーネット陣営から棄権の申し出があり、ドネアがまさかの4RTKO勝ちで、最後の4強に名乗りを上げました。

準決勝の組み合わせ

井上尚弥(大橋)VSエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

井上は、17戦全勝15KO、25歳。ロドリゲスは、19戦全勝12KO、26歳。

体格比較   身長       リーチ

井上     165㎝      171㎝

ロドリゲス  168㎝      169㎝

井上が1回戦でファン・カルロス・パヤノを70秒で倒したに対し、ロドリゲスは、拳を痛めて大苦戦の末2-1でジェイソン・マロニーに判定勝ちしています。

1回戦の試合で単純に比較するのはちょっと強引かもしれませんが、井上の優位性は動かしがたいですね。

そして、この対戦が事実上の決勝戦だと思います。

ゾラニ・テテ(南アフリカ)VSノニト・ドネア(フィリピン)

テテは、31戦28勝21KO3敗、30歳。ドネアは、44戦39勝25KO5敗、35歳。

体格比較   身長       リーチ

テテ     175㎝      183㎝

ドネア    171㎝      173㎝

テテは、1回戦ではテテらしい安全運転で、ミーシャ・アロヤンに無難に判定勝ちしました。

ドネアも、4ラウンドまではなかなかいいボクシングをしていたようですので、バーネットのアクシデントは残念です。ドネアがバンタム級でどこまで動けるかを見たかったですね。

しかし、この対戦もテテがテテらしいボクシングで、確実に判定勝利をものにするでしょう。

 

井上にとって、一番危険な相手はロドリゲスですが、一番やりにくい相手はテテでしょうね。

井上尚弥VSゾラニ・テテは、井上のキャリアの中で一番の凡戦になるかもしれません。

4強の激突の詳細な展開予想は、また試合の日程が決まってから書きたいと思います。

No tags for this post.

2 Comments

計量を見て、私は判定ならバーネット、KO・負傷ならドネア勝利の予想でした。
でもこの勝ち方はなんだかな~。

バーネットよりはドネアのほうがテテに勝利する確率は高いと考えてます。
バーネットのスタイルだと懐の深いテテ相手に、バーネットの射程内に入ることが困難だと思います。すんなり入れたとしてもKO勝ちは10%以下。

対してドネアは被弾覚悟で射程内には無理やり入ります。パンチ力はバーネットよりはあると思うので、KO勝ちの確率も上がりますが、KO負けの確率も上がります。

vsテテで面白い試合をするのはドネア。また体調も今回よりは良くなるはずなので、ドネア勝利に期待してます。が、やはりテテを崩すのは難しい。

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
私はドネアの勝ちはまずないとだろう、と思っていました。
バンタム級に落とすので精一杯、試合は二の次、みたいな感じがしていましたから。
それにしても、バーネットは一体どうしたんでしょうね。
ドネアに往年のパンチ力は期待できないでしょう。テテが手堅いボクシングをすれば、ドネアは手も足も出ないと思いますよ。
でも、テテは決して打たれ強くないですから、こてっと倒されるかもしれませんね。そうなったら俄然面白くなりますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)