WBSSバンタム級トーナメント 4強最後の一人は何と「ノニト・ドネア」

WBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)バンタム級4強が出そろう

WBA世界バンタム級スーパータイトルマッチ(2018年11月3日)

ライアン・バーネット(イギリス)VSノニト・ドネア(フィリピン)

この試合で一番心配していたのは、ドネアがバンタム級に落とせるのかどうかでしたが、アッサリ前日計量をクリアしたので、まずは一安心しました。

しかしドネアもそこまで。

多くのボクシングファンは、バーネットが判定勝ちすると予想していたと思います。

ところが予想外のアクシデントが待っていました。

4ラウンド2分を過ぎたころ、にバーネットが右ストレートを繰り出した際に、腰を痛めたのか、バーネットがしゃがみ込んでしまいます。

このラウンドは何とかしのいだものの、その後バーネット陣営から棄権の申し出があり、ドネアがまさかの4RTKO勝ちで、最後の4強に名乗りを上げました。

準決勝の組み合わせ

井上尚弥(大橋)VSエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)

井上は、17戦全勝15KO、25歳。ロドリゲスは、19戦全勝12KO、26歳。

体格比較   身長       リーチ

井上     165㎝      171㎝

ロドリゲス  168㎝      169㎝

井上が1回戦でファン・カルロス・パヤノを70秒で倒したに対し、ロドリゲスは、拳を痛めて大苦戦の末2-1でジェイソン・マロニーに判定勝ちしています。

1回戦の試合で単純に比較するのはちょっと強引かもしれませんが、井上の優位性は動かしがたいですね。

そして、この対戦が事実上の決勝戦だと思います。

ゾラニ・テテ(南アフリカ)VSノニト・ドネア(フィリピン)

テテは、31戦28勝21KO3敗、30歳。ドネアは、44戦39勝25KO5敗、35歳。

体格比較   身長       リーチ

テテ     175㎝      183㎝

ドネア    171㎝      173㎝

テテは、1回戦ではテテらしい安全運転で、ミーシャ・アロヤンに無難に判定勝ちしました。

ドネアも、4ラウンドまではなかなかいいボクシングをしていたようですので、バーネットのアクシデントは残念です。ドネアがバンタム級でどこまで動けるかを見たかったですね。

しかし、この対戦もテテがテテらしいボクシングで、確実に判定勝利をものにするでしょう。

 

井上にとって、一番危険な相手はロドリゲスですが、一番やりにくい相手はテテでしょうね。

井上尚弥VSゾラニ・テテは、井上のキャリアの中で一番の凡戦になるかもしれません。

4強の激突の詳細な展開予想は、また試合の日程が決まってから書きたいと思います。

4 Comments

計量を見て、私は判定ならバーネット、KO・負傷ならドネア勝利の予想でした。
でもこの勝ち方はなんだかな~。

バーネットよりはドネアのほうがテテに勝利する確率は高いと考えてます。
バーネットのスタイルだと懐の深いテテ相手に、バーネットの射程内に入ることが困難だと思います。すんなり入れたとしてもKO勝ちは10%以下。

対してドネアは被弾覚悟で射程内には無理やり入ります。パンチ力はバーネットよりはあると思うので、KO勝ちの確率も上がりますが、KO負けの確率も上がります。

vsテテで面白い試合をするのはドネア。また体調も今回よりは良くなるはずなので、ドネア勝利に期待してます。が、やはりテテを崩すのは難しい。

返信する
わしボク

jさん、コメントありがとうございます。
私はドネアの勝ちはまずないとだろう、と思っていました。
バンタム級に落とすので精一杯、試合は二の次、みたいな感じがしていましたから。
それにしても、バーネットは一体どうしたんでしょうね。
ドネアに往年のパンチ力は期待できないでしょう。テテが手堅いボクシングをすれば、ドネアは手も足も出ないと思いますよ。
でも、テテは決して打たれ強くないですから、こてっと倒されるかもしれませんね。そうなったら俄然面白くなりますよ。

返信する
Viconia

世間では「偶然の故障によるバーネットの棄権により、ドネアが勝ち上がった。」ような論調がほとんどですが、ドネアの左ボディーフックが原因であると分析している方もいらっしゃいます。
https://www.youtube.com/watch?v=1sMJ91Vmr2Q
https://kiwi-english.net/16960
・3R 2分35秒にドネアのカウンターの左ボディーフックがバーネットの腰をとらえる。(低く重い音が響き、バーネットが痛みで顔を歪めているのが分かります)
・3R終了までバーネットは右を一発も出さない。
・バーネットが3R終了後セコンドに、「My hip,I can’t move it.It hurts because I caught a shot there…(腰にパンチをもらって、痛くて動けない(動かせない)。)」と言っている。
・4R開始から40秒間、バーネットは右を一発も出さない。
・その後もバーネットは右をほとんど使わず、ジャブを出しながらドネアの周りを回るばかり。
・左だけではドネアを抑えきれないと思ったのか、右を強振しようとして腰の右側面を抑えてうずくまる。
試合の動画から、上に指摘したことは確認できます。
バーネットの脚を奪おうとしたドネアの左フックがバーネットの腰を破壊した、という説は十分信憑性があると思うのですがいかがでしょうか?

返信する
わしボク

Viconiaさん、コメントありがとうございます。
凄いですね!ただぼーっと見ている「わしボク」には、全くコメントできません。
でも、普通に考えれば、普段から鍛えぬいているボクサーが、なんの原因もなく腰を痛めるなんておかしいですよね。
「ドネアのボディブロー」説は、一理あると思います。何とも情けない回答で申し訳ありません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)