内山高志の相手はジョムトーン!

◆金子大樹を負かした相手

ジョムトーンはあの金子大樹を完封した強豪です。
内山からダウンを奪った金子をご存じたと思いますが、その金子が再起戦で、まったく力を出せずに負けた相手が、ジョムトーン・チューワッタナです。

ポイント差以上の完敗だった思います。中盤あたりで、力の差がはっきりわかりました。

 

「これは金子負けたな」

 

そして、サウスポーのムエタイの王者でもあります。

◆完成度高い挑戦者

ジョムトーンのいきなりの左は、金子には見えなかったようで、何度もパンチをもらい、最後は目がふさがるほどでした。この左は要注意ですね。
金子もパワーのあるボクサーですが、ジョムトーンはさらにフィジカル面で上回ります。完全にプレッシャー負けしていましたし、体もやわらかいので、金子のパンチをもらってもうまく衝撃を殺し、顔色一つ変えません。不気味なやつですね。
ムエタイの王者ですからクリンチはお手のもので、これで金子かかなり消耗していたように思います。

 

◆ボクシングでは無敗のムエタイ王者

9戦無敗4KO。倒すパンチではなく、相手の顔をこするような嫌なパンチですね。だから不用意にもらってしまい、顔や目を腫らしてしまいます。

まだ負けたことがないので、試合運びにも自信がうかがえます。実に冷静な試合運びで、心憎いばかりです。ムエタイの実績も生きているのでしょう。

WBCのランキングに入っていたので、WBCの三浦とやったら嫌な相手だな、とは思っていましたが、いつの間にか、WBAの10位にもランクされていましたか。

◆内山危うし!

なんでこんな相手を選んだんでしょうね。
内山にとってメリットのない相手だと思います。まだ10位だし東洋太平洋のチャンピオンといっても、そのネームバリューは日本ではほとんどありません。

一般的には、勝って当たり前、それも圧倒してKO勝ちを期待される、ごくありふれた挑戦者でしかありません。
でも、この相手は内山にとって、「危険極まりない挑戦者」です。

唯一の勝機は、相手のガタイがでかいので、減量がきついのでは?ということだけです。
ジョムちゃん、減量失敗して!

 

(内山VSジョムトーンの試合結果の記事は↓です)

内山高志はさすがKOダイナマイト!(いずれ三浦隆司とやるの?)、田口良一も素晴らしい! – わしはボクシングマニア

 

 

No tags for this post.

1 Comment

やくざ利権解体業者

muaythaiで十分過ぎる成功を収めたジョムトーン選手はhungryではなかった。内山君はsponsorからの報奨金を毎回全額母親に渡していて意外な程hungry spiritを維持している。内山君の背中を見てひとりでも多くの若年層が賞与も定年もない競争社会に入ってきてくれれば世の中全体盛り上がりそうだ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です