速報)ラスベガス第2戦は1RTKO勝ち 村田諒太VSジョージ・タドニッパ

村田諒太VSジョージ・タドニッパ(アメリカ)

Sミドル級(73,4キロ契約)10回戦(2016年7月23日・日本時間24日)

(ミドル級リミット 72,57キロ)

f:id:stonemeintothegroove:20160724120313j:plain

村田は10戦10勝7KO、30歳。世界4団体でランク入りしています。

前回のラスベガスデビューは不完全燃焼でしたが、2月の上海での試合はほぼ完ぺきなボクシングで快勝しています。

 

相手のタドニッパは41戦34勝24KO2敗3分け2NC、37歳のベテランです。

スピードはないが、タフでしぶとい選手らしいです。元WBC米大陸ミドル級王者。

 

今度は中盤辺りでスカッとKO勝ちしてくれると思います。

 まさかの1RTKO

今回のメインは、テレンス・クロフォードVSビクトル・ポストルのWBO・WBCスーパーライト級王座統一戦です。

こちらはおそらく、クロフォードの判定勝ちでしょう。(予想通りでした)

 

村田はリング上では、会場内を見渡すほどの余裕を見せていました。

このあたりは、アマチュアで何度も海外の試合をこなしてきた経験が生きていますね。

ホントに、いつも通り冷静です。

三浦隆司や岩佐亮佑も見習ってほしいですね。

 

 

ゴングと同時に前進してきたタドニッパの攻撃を堅いブロックで冷静にかわし、鋭い左ジャブで早くも試合をコントロールした感じでした。

いきなりの右打ち下ろしはヒットしませんでしたが、1分過ぎに、右ストレートからの返しの左ボディで早くもダウンを奪いました。(村田談:あれで倒れるとは思わなかった)タドニッパの腹回りは若干緩い感じでしたね。

 

立ち上がった相手に右打ち下ろしから左ボディで、コーナーに詰まったタドニッパは前かがみになり、さらに村田が右打ち下ろしを5発打ち込んだところで、無抵抗になったタドニッパをみたレフリーが試合を止めました。

 

左ボディが効果的だったようですが、左で相手を押さえつけ、いつもの右の打ち下ろしで、強引に倒した感じがしますね。

相手との力量差がかなりあったような気がしますが、これでラスベガスのファンに少しはアピールできたでしょうか。

 

次はいよいよ世界

 

これで今年に入って3試合連続KO勝ち。次はいよいよWBO王者のビリー・ジョー・サンダース(イギリス)です。

 

www.boxing-blog.com

 

パンチ力はそれほどなさそうで、怖さは感じませんが、地元イギリスでやるとなると、さすがの村田も会場の熱気に圧倒されるかもしれません。

イギリスの異常なまでの雰囲気にのまれて、気がついたら12ラウンド終わっていた、なんてことにならないかな~

日本でやれば絶対勝てると思います。

No tags for this post.

10 Comments

ネコ二世

村田に9/17のカネロ対スミス戦のアンダーカードでサンダース挑戦のオファーがあったらしいですが今回は準備期間短すぎるので陣営が見送ったらしいです。
ちっと勿体ない気もしますが今回のでアメリカでの商品価値もやや上がったと思うので世界ランカー当たりとでもやってハクを付けてほしいです
正直タドニッパーは弱すぎたので

返信する
stonemeintothegroove

ネコ二世さん、いつもありがとうございます。
村田も年齢的にのんびりしている余裕はないので、チャンスは逃さないでほしいですね♪
あまり手応えのある相手とやってダメージをためないように計画的なマッチメイクで、なるべく早く弱いサンダースにが負けないうちに挑戦してほしいと思います!

返信する
Guts

アウェーでばっかりやっている村田はある意味恵まれてますね。
日本ボクサーのアウェーの不慣れ感はなんとかしなくちゃ、いつまでたっても内弁慶ですね。

返信する
stonemeintothegroove

Gutsさん、コメントありがとうございます。
日本人が海外で試合をするのはいいのですが、テレビで見られないのが残念です。
私は大阪に住んでますので、村田の試合もYou Tubeで見ました。

返信する
ネコ二世

村田の放送一応録画していたのですが
村田の試合が一瞬で終わったので
メインのクロフォードーポストル戦まで流していて面白かったです
まさか地上波でクロフォード見ることになるとは…
西岡さんは両選手ともよく知ってるのでエキマのノリで流暢に解説してましたが具志堅さんが石像と化してましたw

返信する
stonemeintothegroove

ネコ二世さん、うらやましいですね~
私の住む大阪では「カンテレ」なんで。
東京は後楽園ホールがあるからほんとにいいですよね。
具志堅さんはきっと、クロフォードもポストルも知らないでしょうね。

返信する
パンチャーファン

村田は 相変わらずですね。
まだ、かませ犬のインディアンとなんかやって。クロフォード戦見て感じたのは 黒人ボクサーは kOでお客さんに見せるより ファイトマネーなんですね。負けたら商品価値下がりますからね。 管理人様がなかなかお書きくださらないので、 比嘉大吾 この間の試合CSで見ましたが、超アグレッシブでいいですね。世界に出てどんどんやるところを見たいです。長文失礼しました。
 

返信する
stonemeintothegroove

パンチャーファンさん、コメントありがとうございます。
さすがにインディアンは弱すぎましたね。
でも村田に大事なのは負けないことですから、仕方がありませんね。
「管理人様がなかなかお書きくださらないので、」とは、
比嘉大吾の記事のことですか?
それでしたら7月2日に「井岡一翔逃げるなよ!」で大絶賛してますけど…

返信する
コット好き

管理人さんのいうとおり、村田はできる限り早くサンダースとやるべきですよね(9月にレミューにあっさり負けそうな気がしますが・・・)
とりあえず、村田には王者になってもらってぜひとも私が愛してやまないコットとやって欲しいもんです(去年のカネロVSコットのような心に響く戦いを希望)。
そして、3年後くらいに若干衰え始めているであろうゴロフキンを倒してほしいです。

返信する
stonemeintothegroove

コット好きさん、コメントありがとうございます。
私もコットは好きです。ジョー小泉さんの「そういうコット」というダジャレが口癖になったほどです。
負けても勝っても小気味いいですからね。
しかし、3年後ではさすがのゴロフキンも…

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です