ゲンナディ・ゴロフキンの相手はアルバレスではなくケル・ブルック

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSケル・ブルック(イギリス)

 

統一世界ミドル級タイトルマッチ(2016年9月10日)IN ロンドン

f:id:stonemeintothegroove:20160710124228j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160710124235j:plain

(出典:WOWOW)

まさかまさかの対戦カードです。私にとってはサウル・アルバレスよりも面白いと思っています。

ご存知の通り、ゴロフキンはミドル級の世界チャンピオンです。

一方、ブルックは2階級も下のウェルター級の世界チャンピオンです。

その差約6キロ。

一応体格を調べて見ました。

ゴロフキンは身長179㎝、リーチ178㎝、デビューの最初からミドル級で戦っています。

ブルックは身長、リーチともに175㎝。こちらもプロデビューからずっとウェルター級ですね。

戦績は、ゴロフキンが35戦全勝32KO、34歳。

ブルックは36戦全勝25KO、30歳。

無敗対決です!

 

 

サウル・アルバレスVSアミール・カーンとレベルが違う

 

2階級差の対決で比較されているのが、アルバレスVSカーンですが、これは全くレベルが違いすぎます。

まず、カーンとブルックでは力量が違いすぎます。ブルックならウェルター級で戦っても、アルバレスよりももっと楽にKOしていたと思います。

しかも、この試合は純粋のミドルウエイトではなくキャッチウエイトで、Sウェルター級に限りなく近い体重でした。

ゴロフキンはナチュラルなミドル級のボクサーですから、キャッ
チウエイトでは対戦しないでしょう。

 

www.boxing-blog.com

今までに何度も同じことを言っていますが、ケル・ブルックはウェルター級では頭一つ抜けた存在です。リング誌のPFPでは顔を出していませんが、私のベスト10には欠かせない存在です。(ちなみに井上尚弥が最新のPFPで10位にランクインしています)

これは内山が負ける前の私のベスト10です。

1位 セルゲイ・コバレフ (ロシア)

2位 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

3位 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)

4位 井上尚弥(大橋)

5位 テレンス・クロフォード(アメリカ)

6位 サウル・アルバレス(メキシコ)

7位 ケル・ブルック(イギリス)

8位 山中慎介(帝拳)

9位 内山高志(ワタナベ)

10位  ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

 

ブルックがPFPに登場しないのは、名のあるボクサーとの対戦が少ないからでしょう。

2014年に当時無敵だったショーン・ポーターに判定勝ちしています。ポーターはキース・サーマンと引き分けに近い判定負けで、まだまだ存在感を誇示しています。

 

さてどちらが勝つのか

絶対的に有利なのはもちろんゴロフキンでしょう。

ミドル級で戦うわけですから、パワーではブルックに利はありません。しかも体格面でもゴロフキンが一回り大きいと思います。

ただし、2015年5月16日WBA世界ミドル級2位で北米ミドル級王者の指名挑戦者ウイリー・モンロー・ジュニアと対戦したときに、体調不良だったのか、ボディに弱点があるのを露呈してしまっています。

 

www.boxing-blog.com

 ついでに私の戦闘能力比較表では、ブルックが勝っているのは、スピードだけです。

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
ミドル ゲンナディ・ゴロフキン 11 8 9 8 7 9 52
ウェルター ケル・ブルック 9 9 9 8 7 7 49

 

 さて、ブルックが2階級上げてこのスピードを維持できるのでしょうか。

ブルックは堅実で隙のないボクサーです。負ける姿を想像できないボクサーの一人です。

大胆予測~

ブルックがボディブローでゴロフキンを苦しめ、判定勝ち!

 

No tags for this post.

10 Comments

hasuike0830

ブルック、いいボクシングしますね
パッキャオ、メイと対戦してみて欲しかった。
GGGとは、綺麗なボクシング見れそうで楽しみです。
予想としてはGGGの後半KOかな、、、

返信する
オサリバン

こんにちは。
ほんとにこれは驚きですね。
ブルックがウェルターを総ざらいする前に何故突然二階級も上げるのか、、
謎ではありますが
万一ゴロフキンを倒すことが出来れば
一躍スーパースターですね。
まぁ
私はさすがにゴロフキンはちょっと厳しいと思ってます。
楽しみで今からワクワクしております。

返信する
stonemeintothegroove

hasuike0830 さん、やっぱりGGGが勝ちますか。ブルックがKOされるシーンが想像できなんですが、そのKOシーンも見てみたいですね。

返信する
stonemeintothegroove

オサリバンさん、こんにちは。
最初はクリス・ユーバンクと交渉していたようですが、条件が合わず、同国のブルックが名乗りを上げたようです。

返信する

カネロとサンダースとユーバンクは恥さらしもいいとこですね
ウェルター級のブルックがキャッチウェイトなしで戦おうっていうのに…

返信する
まんじろう

大胆予想来ましたね!
私はゴロフキンが最初からパワーまかせにプレッシャーをかけて、中盤までにはKOすると予想します。
ゴロフキンのパワーは、下からあがってきた選手には対処しきれないと思います。
カネロはどうなったんでしょうね。
逃げたとは思いたくないですが、ゴロフキンも結構いい年ですし、さっさとやってほしいです。

返信する
stonemeintothegroove

dさん、ブルックは勝算があるんだと思うんです。彼は堅実なボクシングをしますから、期待してください。

返信する
stonemeintothegroove

まんじろうさんの言うことは、実に的を射ています。
普通に考えればGGGの勝利は間違いないかもしれませんが、カネロやユーバンクを押しのけて2階級上げて対戦しようという心意気。
チャンスはあると思っています。

返信する
hagi

はじめまして、いつも楽しく読ませて頂いております。
久々に驚きと喜びのカードが発表されて興奮しています。
カメラの前では英雄的、交渉では消極的な選手が多い中で
このブルックの即決には鳥肌が立ちました。
ゴロフキン有利は当然ながらも、判定まで持ち込めればブルック勝利が見えそうな気がします。
ゴロフキンは時々、不用意にポコポコ貰いますからね。

返信する
stonemeintothegroove

hagi さん、コメントありがとうございます。
初めて、「ブルックが勝つかも」という方が現れましね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です