内山高志 無類の強さで防衛11回・・・内山はなぜジェスリル・コラレスに負けたのか

内山高志VSジェスリル・コラレス(パナマ)

WBAスーパー世界Sフェザー級タイトルマッチ(2016年4月27日)

f:id:stonemeintothegroove:20160523153413j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160523153422j:plain

(出典:テレビ東京)

テレビ放送が9時からだったので、「また録画か。せめて7時から始めてほしいな」と思っていました。

そしていきなり、放送されないと思っていた田口良一の試合が始まったので、「ひょっとしたら3試合ともKO決着かな」と思いながら田口の試合を見ていました。

 

しかし、田口はダウンを奪うものの、ロートルボクサーのファン・ランダエタ(ベネズエラ)をなかなかフィニッシュすることが出来ません。

f:id:stonemeintothegroove:20160524140408j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160524140415j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

やっと11ラウンド終了時点でランダエタがギブアップして試合が終ったので、残り時間を考え、河野公平も内山も早い回でKO防衛したのかな?なんてのんきに考えていました。

 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 田口良一 11回終了TKO ファン・ランダエタ(ベネズエラ)

 

内山はもちろん、河野も負けることはないだろうと思っていましたから。

 

ところが河野もインタノン・シッチャモアン(タイ)からダウンを奪いながら、インタノンがゾンビのようにしぶとくて、結局、大差判定決着で3度目の防衛に成功しました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160524140508j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

 

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ

河野公平 判定 インタノン・シッチャモアン(タイ)

 

「え~もう時間がないやんか!」

残り放送時間は30分もなかったと思います。

それでもなかなか試合は始まらず、内山とコラレスの過去の試合や二人の意気込みなどを紹介するビデオが放送され、ホントにもう時間がほとんどないようなぎりぎりになってやっと試合が始まりました。

 

「これは1ラウンドで内山のKO防衛やな」

負けるなんて微塵も考えませんでしたね。コラレスは減量も失敗していますし、内山をKOするようなパンチ力があるようにも思えませんでしたから。とにかく内山が負ける要素は全くありませんでした。

 

1ラウンドからスピード負けしていました。まあでもこういうことは過去にもはよくありましたので、タイミングと距離をつかめば倒せるだろうとは思いました。

しかし2ラウンドになって、何かとても嫌な予感がしました。

「バッティングか何かのアクシデントで終わったのかもしれないな。」試合を見ていて、どうも内山がこの回にコラレスを倒すイメージがわきませんでした。

 

ところが予想もしないまさかまさかの出来事が起こりました。内山が無造作に放った左ジャブに合わせてサウスポーのコラレスの左フックが内山の顎をクリーンヒットし、あっさり内山がダウンしました。

 f:id:stonemeintothegroove:20160524140555j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160524140617j:plain

(出典:ボクシングマガジン)

もう心臓バクバクでした。

立ち上がった内山は足はふらつくし、意識がもうろうとしていました。

「こら~アカンまだ2分もあるやんか。」

 

3回目のダウンを喫し試合が終わっても、しばらく呆然としていました。

 

内山のモチベーションやスタッフの油断とか、敗因を分析してましたが、私は、年齢からくる反射神経の衰えと、やっぱりスピードの差に負けたのだと思っています。それと前から指摘していました打たれ弱さですね。

ひょっとしたら過去最高と言えるほどパワーアップしていたのかもしれませんが、そこが落とし穴だったのかもしれません。打ち合って負けることはない、と。

 

年内に再起するような話もありますが、私はもう内山が負ける姿を見たくありませんので、引退してほしいと思っています。後は三浦隆司と尾川堅一に頑張ってもらいましょう。

 

ジェスレル・コラレス(パナマ) 2回KO 内山高志

 

No tags for this post.

8 Comments

パンチャーファン

ジョーさんが動いてくれたようですね。
年末にフォルトナとコラレスとの統一
チャンプに挑戦プラン。
 ぜひ 今度は実現してもらいたいものです。

返信する
stonemeintothegroove

パンチャーファンさん、実は私個人としては、もろ手を挙げて喜ぶ、という心境ではないんですよ。
ジョーさんが動くからには、内山に復帰するつもりがあれば、実現すると思います。
でも、私は、内山には引退してほしいと考えています。
もう、負ける姿を二度と見たくないですし、恐らくもう強い内山が戻ってくることはない、という気がするのです。

返信する
hasuike0830

内山は実力落ちていないと思いますよ。
モチベーション下がって練習しない、身が入らないというなら話は別ですが。
経験者としての見方ですが、今回の敗因は相性の悪さでしょうね。
1Rで、あの距離感つかめてなく、スピード負けしていることからのカウンター怖がるジャブの打ち方見てこれは大苦戦か負けるかと思いました。
ただ、コラレスは大振り、、、というか身体の使い方が大きく雑なので中盤からはスタミナ切れるなと思ったので、内山陣営も中盤から勝負かけていく指示を出すと思ってました。
所が、スピード負け、距離感つかめない相手に対してガード下がったままのいつもの構え方だったり、足がふらつく程ダメージあるのに防御に徹さなかったりと、随分ちぐはぐな事やってましたね。
もし再戦するのであれば丁寧なボクシングを心がけるべきかと思います。
ただ、、、
サウスポー苦手と言われる内山ですので(三浦にあれだけジャブ当てられるのに本当に苦手?)正直厳しいかなぁ、、、
あれって克服するの難しいと思いますよ~^^;(ちなみに私は克服できませんでした^^;)
距離感つかめないから接近戦に持ち込む、、、でもスピード負けしてるから打ち負けるor接近戦になる前に打たれる。
強い内山が戻ってこないということは無いでしょうが、コラレスとの再戦は避けた方が良いかと。
まぁ、中盤以降に勝負かけていく戦法取れば、簡単に勝っちゃう気もしないでもないです。
あと、これは内山に限らず日本ボクシング界の大きな課題ですが、トレーナーの問題や実力者となかなか試合が組めない事も今回の敗因かと思います。
内山も陣営もパニクっちゃってて冷静に対処出来なかったんでしょう、場数足りない&ここ数戦の楽勝で。
まぁ、この問題はぶっちゃけ金の問題でしょうから、今の日本のボクシング人気を考えると無理難題でしょうね、、、

返信する
stonemeintothegroove

hasuike0830さん、コメントありがとうございます。
私がショックなのは負ける要素が微塵もなかった内山が負けてしまったことです。
山中のようにそろそろ限界かな~と思わせてくれていれば、心の準備もできていたのですが。
それと、サウスポー対策は右構えのボクサーにとっては、重要な課題だと思います。
昨年の新人王戦を見ていて痛感しました。

返信する
hasuike0830

打たれ弱いってだけで負ける要素充分じゃないですか!
ガードも低いし。
コラレスは重いパンチはないですけど、かなり切れるパンチ打ってますから、打たれ弱い相手とは好相性。

返信する
stonemeintothegroove

hasuike0830 さん、コメントありがとうございます。
内山は年を重ねるごとにもろくなっていたような気がします。

返信する
オサリバン

こんにちは。
んー
私の感じた事は、内山負けた最大の要因は
S王者としてのプライドが邪魔をしたのと、
ここ数試合圧倒的な勝ち方をしていたので
チョッと慢心があったんじゃないかな?
っと、感じましたね。
1ラウンドからガードを下げやけに余裕を見せるような雰囲気をだしていました。
少し相手を舐めているようにすら感じましたね。
いつものように一発当てれば終わるって思ってたんじゃないですかね。
2度倒され、ゴング寸前クリンチでしのげた所を打ち合いましたから、、、
これは
本人も試合後のコメントでS王者としてのプライドでクリンチは出来なかったと語っていましたので。
プライドがかなり邪魔したんでしょう。
で、本題ですが
私はもう一度コラレスとやるべきだと思いますね。
本来の内山の力であれば普通に勝てますよ。
勝って王者のまま引退!
これを願っています。

返信する
stonemeintothegroove

オサリバンさん、そんなにうまいこと行くかな~
パワーは十分あると思いますが、反射神経の衰えは隠せないですね。
でも、再戦すれば勝つチャンスはあるでしょう。でも、私はこのまま引退してほしいですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)