浪速のジョー辰吉丈一郎(後編)、見事復活したが網膜剥離のあとパンチドランカー症状に?

※本編は後編ですので、よければこちらから浪速ジョー辰吉丈一郎・前編へ

◆不本意な対戦

ビクトル・ラバナレスなんて、しょーもない選手です。本来なら辰吉さんの相手には力不足、1ラウンドKO勝ちでも不思議はないぐらいのボクサーです。

こんなんに負けること自体がもう全盛期ではない、という証明でしょう。
薬師寺保栄さんとの王座統一戦も、辰吉さんがせめて本調子なら楽勝だったはずです。でも、1ラウンドに左手を骨折してましたから、勝てるわけがありません。ぶざまな最低の試合だったと思います。

このあと、ダニエル・サラゴサに連敗した頃はもう、無残で見ていられませんでした。サラゴサもさえない選手だったと思いますけどね。実は、このときだけ今のスーパーバンタムに階級を上げて挑戦しました。

 

◆まさかの王座返り咲き

バンタム級に戻り、シリモンコン・ナコントンパークビューに挑戦したときは、さすがにもう誰も勝つとは思っていなかったじゃないでしょうか。シリモンコンは一級品でしたかね。
今も現役の世界ランカーです
ここで、まさかの逆転の左ボディーブロー、彼の最高のパンチが炸裂し、まさかまさかの王座返り咲きですわ。もう感動しましたね~。

 

元来、辰吉さんはボクサーになるために生まれてきたような天才ですが、欠点が一つだけありました。打たれ弱いのです。これも、本来なら、間一髪でかわすことができたら、そんなに露呈することはなかったはずなんです。それができなくなってはもう、脆さだけが全面に出てきてしまいます。

(網膜剥離の影響でしょうね)

しかもそんな調子で、全盛期のウィラポンに当たってしまったら、これはもうしょうがないですね。(1998年4月)完全な力負けです。
ウィラポン・ナコンルアンプロモーションは、長谷川穂積さんが敵を討つ(2006年3月)まで、14度も防衛し長期政権を築きました。

 (西岡さんも倒せませんでしたが、長谷川が敵討ちをしてくれました)

 

 

目頭が熱くなってしまいます

先日、辰吉の現役最後の試合をYouTubeで見ましたが、辛かったですね。

タイで行われた試合です。もう1ラウンドから酔っ払い運転でした。まさにパンチドランカー状態です。もう初回から、ラウンド終了後はふらふらで、自分のコーナーがわからないんです。日本なら3ラウンド以内にストップされていたでしょうね。実際には酔っ払いボクシングはなんと、7ラウンドまで続きました。もちろんTKO負けです。

 

リングを降りて控え室へ戻る途中で、日本から応援にきた数名のファンが

 

「辰吉~!いつまでも応援してるからな!」

 

と声をかけるシーンは、目頭が熱くなってしましました。

お願い!もう試合しないでください。

 

浪速のジョー続編  ↓

 

www.boxing-blog.com

 

 ____________________

ちなみにダウンタウンと仲良しです。

 

No tags for this post.

7 Comments

やくざ利権解体業者

網膜裂孔を起こす前から上体の動きだけで被弾を避けようとする辰吉氏の闘い方には限界があり対アブラハムトーレス戦はawayでやってれば敗けてましたよ。皆さんあの相手がdownしたあとぐるぐると右手を廻すperformanceに騙されているのであり長谷川君や山中君と同列に論じることが到底出来ない選手であることは自明かと存じます。

返信する
しおりんまん

トーレス戦は度の過ぎたオーバーワークで参考になりません。
岡部、パショネスリチャードソン戦を軸に考察したらよいと思いますよ。
というのは※1の方へのアンサー
ブログの内容に関しては話になりません。わざと反対の事を書いてるのでしょうか?

返信する
stonemeintothegroove

コメントありがとうございます。
何が正しいかなんて誰もわかりません。
いろいろな意見があっていのじゃなでしょうか。
私は、辰吉さんに関してはかなり正しい見方をしていると自負しています。

返信する
hasuike0830

辰吉は日本ボクシング史上最も才能があった事は私も同様に思います。
又、優れたトレーナーを付けていれば、その才能を全て引き出せた可能性があったとも思います。
しかし、仮に世界的名トレーナーをつけようとしても、辰吉のこだわりの強い性格上それを受け付けなかったと思います、、、
難しいですね、、、
今はボクシングのみではなく、どんな業界も効率のみ追求する世界になっているように感じます。
個性も無くなりました。
井岡、井上は確かに強いかもしれませんが、フィジカルだけを向上させているだけで、井上、井岡の試合を顔隠して見たらどっちがどっちだか分からない可能性あります(笑)
確かに倒すんですけど、華が無い。
ぶっちゃけ、つまらない^^;
しかし辰吉の評価を間違えている人は多くいますね^^;
腕を回すパフォーマンスにごまかされている、、、
腕を回す所しか見てないの?
ボクシング初めて見た人のような意見。
トーレス戦はオーバーワークじゃなくても負けてる。
あれは辰吉が弱点克服してからでなければ対戦してはいけない相手だったというだけ。
プロ二戦目の東京ドームでの試合、タイソンの前座でしたが、各国の関係者が辰吉の試合を見て度肝を抜かれた話は有名。
他にも言いたいことは山ほどありますが、程々にしときましょう^^;
管理人さん、これからも更新を楽しみにしています。

返信する
stonemeintothegroove

hasuike830さん、たくさんのコメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
あちこちで何度も書いていますが、辰吉さんは私の最も好きな日本人ボクサーです。
派手なパフォーマンスに目が行きがちですが、彼は屈指のテクニシャンですよね。

返信する
高橋バオー

辰吉が打たれもろいってことはないと思いますよ。逆にタフだと思います。ボコボコ殴れて判定負けとかよく、ありますから。打たれもろいというよりディフェンス力の低下と言った方が正しいですよ。

返信する
stonemeintothegroove

高橋バオーさん、コメントありがとうございます。
辰吉さんはガードを下げて、上体の動きだけでディフェンスしますから、どうしても不用意な被弾が多くなります。
でもあの顎は、打たれ弱い形ですよ♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です